クラヴマガ
護身術を身につけることで、メンタル面も強化されて内側からも“強い女子”に!
ここ数年、草食系男子が台頭してきた影響もあるのか、「最近の女子=強い動物」というイメージがすっかり定着していませんか? たしかに、ひとりでラーメン屋にも入れるし、映画館で映画を観るのだって楽勝な人も多いはず。

でも、どうにもならないのがイザというとき。「もしも暗闇で、いきなり襲われたら?」「海外旅行で怖い目に遭ったら?」そんなこと、まさか自分の身には起きないだろうと思いこむのにはなんの根拠もないし、身の安全を神だのみするだけっていうのもなんだか他力本願。だったら、一度しっかり身につけておけばいいのでは? ということで、今回はセレブ系ワークアウトとしても注目されている護身術「クラヴマガ」に挑戦です!

軍も採用! ツカえる護身術「クラヴマガ」

クラヴマガ
「自分の身は自分で守る」が基本。即戦テクとして“クラヴマガ”をはじめる女子が増えています!
クラヴマガをひと言で説明すると、誰でも短時間で身につけることができる、ツカえる護身術のこと。“イスラエル軍やアメリカの政府機関でも採用されている護身術”と聞けば、その本物度合いにも納得です。そもそもイスラエルは女子にも徴兵制があるっていうのにも驚きですが、昨日まで普通の女子だったのに、いきなり現場で戦うのなんて無理ってもの。なので、即席兵士として戦地で活躍できるようにと伝授&訓練されているのが、クラヴマガなんだそう。つまり、本物の強い女子になれる手段なんです!

「強い女子」の代表格として有名な、アンジェリーナ・ジョリーやジェニファー・ロペス、日本では米倉涼子だって、実はみんなクラヴマガのトレーニング経験者。映画やテレビの中とはいえ、彼女たちの身のこなし方を見ていると、危険なオトコに急襲されても、なんとかなりそうな気がするのが不思議です。

さてさて、そんなクラヴマガですが、トレーニング現場がいったいどんな大変な事態になっているのか実際に見てみることにしましょう!