白髪のお手入れ・染毛剤について

白髪
気になる白髪。保湿することで多少は目立たなくなります
髪がパサパサ乾燥していると、なんとなく白っぽく見えますよね。逆にしっとりと保湿が行き届いている髪は、黒っぽく見えます。白髪でも、保湿することで多少は目立たなくなります。
それでも気になる方は、白髪染め(染毛剤)を使用することになります。白髪を染めることでストレスが軽減されるのであれば、髪や頭皮には負担をかけますが、染毛剤を使ってもよい、と私は考えます。

染毛剤は、カラースプレー、ヘアマニキュア、ヘアカラー、ヘアリンスなどがあります。それぞれの特徴と髪へのダメージをご紹介します。

■カラースプレー
髪の内部に浸透せず、一時的に髪の表面に染料を付着させるのがカラースプレーです。生え際などに使用すると便利です。シャンプーで洗い流せるので、髪へのダメージが少ないのが特徴です。すぐに落ちてしまうのが難点です。

■ヘアマニキュア
ヘアマニキュアは、毛髪の表面のタンパク質(キューティクル)を酸性染料と結合させる染色剤です。髪の毛の奥まで浸透させないため、ダメージは比較的少ないようです。ただし、シャンプーをするうちに2~3週間程度で色が落ちてしまったり、染めた直後は服の襟元に色がついてしまったりというデメリットもあります。

■ヘアカラー
化学変化によって、染料を髪の内部に定着させるものがヘアカラー。髪の内部に染料が浸透するため、髪全体が均一の色に染まり、シャンプーによる色落ちはありません。しかし、ヘアカラーを繰り返すとキューティクルがはがれ、髪にダメージを与えます。髪がパサついたり、手触りが悪くなったりする原因となります。

■カラーリンス
白髪を目立たなくするという観点で開発された製品です。これは保湿しながら、少しずつ髪を染めるものです。ヘアマニキュアより染料濃度を薄くしたもので、使用するにつれて少しずつ髪が染まっていきます。ブラウンやグレーなどの色があります。白髪がすぐに染まらないのが欠点ですが、髪にやさしいのでおすすめです。


それぞれのメリット・デメリットを考えて、自分に合った染毛剤を選んでください。

白髪を予防する食べ物はある?

残念ながら、白髪を予防する成分というのはまだ解明されていません。髪の毛の主成分はケラチンで、5%ぐらいイオウが含まれています。それと同じ成分を考えてみますと、次のようなものが良いかもしれません。
・動物性タンパク質……タマゴ、肉など(特に鶏がらスープがおすすめ)
・ミネラル……ワカメなどの海藻類
・ビタミンB2……レバー、牛乳、卵、納豆など

海藻類の効果については、こんな話があります。88歳の女性にお目にかかった時、白髪が少なく、髪のボリュームも多い方でした。聞いてみると、「高血圧に効くので、根コンブを食べています。前日の夜にコップ1杯の水につけて、翌朝にそのエキスを飲み、根コンブも食べるのです。それを10年以上続けています」とおっしゃるのです。科学的な根拠はありませんが、海藻類はやはり髪に良い食材なのかもしれません。


以上、白髪について、現在わかる範囲でお伝えいたしました。白髪の決定的な予防法は、残念ながら、まだ「これ」といったものはありません。バランスのよい食事をとり、ストレスをためず、全身の血行をよくするよう適度な運動を心がけることが、白髪の予防につながるのでは、と思います。

【関連記事】
白髪予防できる!?アンチエイジングヘアケア
「白髪染め」とヘアカラーって同じもの?
白髪も予防できる!?簡単おいしい美髪レシピ
抜くと増える?白髪にまつわるウソ・ホント
謎だった白髪の原因が解明!予防・治療に道すじが
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。