ISO3200にまで対応した新世代ハニカムCCDを搭載

昨年のベストセラーに数えられるFinePix F10(レビュー)、そしてFinePix F11(レビュー)。高感度に対応させることによって手ぶれを軽減させるというトレンドの源流となった機種であった。
FinePix F30はその後継機。搭載しているCCDもスーパーCCDハニカムVIとなって世代交代となっている。
今回の目玉はなんといってもISO3200にまで対応したこと。その実力を見ていくとしよう。

富士フイルム
FinePix F30
市価 49,800円
発売日 2005年5月27日

まず、最初に充電およびUSB接続が本体にダイレクトにつながることを書いておこう。
FinePix F10/F11では『謎の物体』とまで呼ばれた接続用アダプタが存在していたのだが、これが本体に直接接続になったことで、充電時にかなりすっきりとした印象になった。
旅行などでもメモリーカードに余裕さえあればACアダプタを持つだけでもいいというのは大きな変更点といえるだろう。

直接接続になったことのありがたさはF10/F11ユーザーならよくわかるはず。

FinePix F11ではシャッター速度優先/露出優先の各モードを搭載していたが、ボディはFinePix F10とまったく同じものであった。そのため、やや操作性に無理があったことが否めない。
特にシャッター速度優先/露出優先にするために、いろいろとこねくりまわして設定する必要があったが、FinePix F30ではすっきりとした操作体系になっている。

マニュアルモードとA/Sモードは分割された。

また、FinePix F10からF11では変更点を探すほうが難しかった外観も大きく変わっている。
ややIXY DIGITAL的な方向にデザインを振ってきた感があるのだが……個人的にはこの変更はどうだろうという気がしている。
ただ、グリップはさほど悪くなっていないので安心していただきたい。女性など手の小さいユーザーには、FinePix F30のほうが持ちやすくなっているのではないだろうか。

さて、旧機種から大きく変わっている点としてなにより操作性をピックアップしてみたい
Page2へ)

・Page1 ついにあの物体が消滅!
・Page2 微妙だった操作性はかなり上昇
・Page3 スペックが……変わっていない?
・Page4 高感度対応はついにISO3200にまで!
・Page5 FinePix F30 スペック&実写画像

■関連ガイド記事
超初心者脱出講座 好きなところにピントを合わせたい!
デジタルカメラレビュー 徹底比較! Cyber-shot DSC-T30 対 DSC-T9
ついに手ぶれ補正機構! IXY DIGITAL 800 IS
デジタルカメラレビュー あの最強機がさらに進化!? Finepix F11
デジタルカメラの基礎知識 ISOとはなにか?
機械式VS.高感度対応 手ぶれ対策の本命は?
デジカメ撮影テクニック講座(1) 手ぶれを防止する撮影テクニック