単純な600万画素版かと思ったら?

EXILIM CARDのEX-S500がEX-S600になったように、EX-Z500もEX-Z600にアップグレードされた。
おそらく、同じような内容でアップグレードが図られているであろうと予測される。
画像エンジンのチューンによるバッテリーライフの延長や、画質の向上、ホワイトバランスの改善などだが……。
さて、実際のところはどうだっただろうか。

カシオ
EXILIM EX-Z600
市価 44,800円
発売日 06年1月27日

EX-S500からS600に変わった際に、外見はまったく変化がなかった。
それと同じようにEX-Z500からZ600についても外見はまったく一緒。
今回、違うカラーを並べているのは、試用中に取り間違わないようにという配慮したためでもある。

左がEX-Z600、右がZ500。形状はまったく同一。

まずはスペックをざっと俯瞰してみよう。
とはいったものの、基本的にはEX-Z500の600万画素版である。それ以外の基本的なスペックはほとんど一緒。
CCDサイズは1/2.5型の600万画素、そして38-114mm相当の3倍ズームレンズ、2.7型の大型液晶ディスプレイ、そして動画はSシリーズとは異なりMotionJPEGのそれを搭載。
EX-S600では電子式の手ぶれ補正機構(用語解説)が搭載されたが、EX-Z600は動画に注力されたモデルではないため、電子式手ぶれ補正は搭載されていない。

外見といい、スペックといい大まかには変わっていない。しかし、仔細に見ていくとけっこうな違いが浮かび上がってくるのだ。
Page2へ)

・Page1 概観はまったく変わらないものの?
・Page2 さらに長く、さらに明るく!
・Page3 画質傾向はこう変わった
・Page4 ロングバッテリーライフを楽しめる機種
・Page5 EXILIM EX-Z600 スペック&実写画像

■関連ガイド記事
デジタルカメラレビュー 大画面&スタミナがポイント EXILIM EX-Z500
デジタルカメラレビュー 超薄型で画質もさらに向上! EXILIM EX-S600
デジタルカメラプレレビュー シャイニーな超小型機 IXY DIGITAL L3
デジタルカメラレビュー 薄型でも高感度対応 Finepix Z1
どの電池がもっともデジカメ向きなのか! デジタルカメラ電池耐久テスト!