EXILIM EX-Z500 プレレビュー

今回から、完全なレビューを書く前にプレレビューといった形で、入手したデジタルカメラについてできるだけ早めに、ざっとしたレビューを公開させていただくこととなった。
正式なレビューを掲載した際には、メールマガジンなどで告知させていただくのでページ下にある『ガイドのメールマガジンを購読』からメールアドレスを登録していただきたい。

プレレビューの記念すべき第1回は、カシオのEX-Z500だ。

カシオ
EXILIM EX-Z500
市価 44,800円
発売日 2005年8月12日

Sシリーズとの差別化が気になるEX-Z500

まず、注目したいのはEX-S500との差別化だ。
EX-Z500は基本的にはEX-Z57の後継機なのだが、むしろEX-S500とEX-Z500との間に類似点が多い。
同じ500万画素の1/2.5型CCDを搭載し、スライディング型の3倍ズームレンズ(35ミリ換算で38-114mm相当)を搭載している。
また、高感度に強い『アンチシェイクDSP』を搭載していることも同様だ。ただし、EX-S500ではISO1600まで実現していたが、EX-Z500ではISO800までとなっている。
これは正直、EX-S500におけるISO1600でのノイズを見てきた筆者としては、進化であると思える部分だ。

レンズ周りだけを見るとEX-S500とまったく同じユニットを搭載してるだけあって、ビスとボディーカラー以外では見分けがつかない。

また、EX-S500と比べたときにグレード的に落ちているといえる部分もある。
まずはその質感だ。
ステンレス製のボディでバツグンの質感を誇っていたEX-S500に比べ、EX-Z500のボディはアルミ製だ。
安っぽくはないものの、EX-S500と比べると苦しいというのは事実だろう。
【訂正】
初出で『ボディはエンジニアリングプラスティック』と表記していましたが、正しくはアルミ外装でした。


すべてのデジカメの中でもバツグンの質感を誇るEX-S500とは比べにくい……。

もうひとつは動画機能だ。
MPEG-4による動画撮影機能を奢っていたEX-S500に比べ、EX-Z500のそれはMotionJPEGだ。
MPEG-4とMotionJPEGは使用用途が異なるので一概にどうとは言い切れないが、録画スタートボタンもないので、EX-Z500はそれほど動画に力を入れていないということはいえるだろう。

削られた機能がある一方で、ぐっと伸びてきた能力が存在しているのである。

・Page1 気になるEX-S500との差別化
・Page2 バッテリーライフは圧巻!


■関連ガイド記事
デジタルカメラレビュー EXILIM EX-S500 レビュー
デジタルカメラレビュー Finepix F10 レビュー
電池寿命測定方法共通化の意味
デジタルアイテム用語集 SDカードとは?
格安SDカードにチャレンジ!