USBメモリーを選ぶための5つのポイント」では押さえておきたいUSBメモリーの選び方を紹介したが、USBメモリーを徹底的に活用するためには、便利なソフトウエアを使いこなしたい。そこで、USBメモリーを活用するためにお薦めのアプリケーションソフトやツールを紹介しよう。

インターネット環境やカレンダーを持ち運べる「PortableAppls.com Suite」

PortableApps.com Suiteの画面。オフィススイートやWebブラウザー、メーラー、ゲームなどさまざまなアプリを手軽にUSBメモリーに入れて持ち歩ける(クリックで拡大表示)
どのパソコンでも同じ環境で使いたいという人にお薦めしたいのが「PortableAppls.com Suite」という、USBメモリ向けのポータブルアプリケーションソフト群だ。前回紹介した「U3テクノロジー」対応USBメモリーのように、インターネットアプリやユーティリティソフトをUSBメモリーに入れて持ち運べる。フリーソフト。

利用できるのはMozilla FirefoxやMozilla Thunderbirdといったインターネットアプリのほか、カレンダーソフト「Sunbird」、オフィススイート「OpenOffice.org」、アンチウイルスソフト「Pidgin Portable」などさまざま。便利なソフトをまとめていっぺんにインストールできるのがうれしい。

英語版だが、有志による日本語化ツールが用意されているソフトもあるので安心だ。手順については「PortableAppsの日本語化」などに詳しい。日本語化するのが面倒なら、文字化けする心配はないのでそのまま使ってもOK。


>>NEXT 高速表示に定評のあるWebブラウザー「Opera@USB」ほか