手さげバッグや巾着のワンポイント・アレンジ術!

アレンジ材料
アイデア次第で、アレンジがいっぱい楽しめるのも手作りの魅力
【準備するもの】
■布(バッグや巾着のあまり布など)
■アイロン用両面接着シート
■ボタン
■リボン など

準備するものは、それぞれのアレンジによって違いますので、詳しくは以下の手順を参考にしてください。


アップリケやボタンで、より個性的!

アレンジ1
 
■ 「アイロン用両面接着シートを使って」
アイロンでくっつく、両面接着シートを使ったアップリケです。まず使用したい布に接着シートをアイロンで接着。次に、布を好みの型に切り抜き、巾着やバッグにアイロンで貼り付けます。接着シートは、それぞれの使用指示にしたがってご利用ください。
接着の強度が気になる方は、アップリケの上からステッチをいれたり、ボタンをつけたり、工夫してくださいね。

200
※クリックすると拡大写真が見られます
■ 「ボタンを使って」
画像ではわかりにくいですが、赤のボタンは9穴ボタン。穴と穴をうまくつなげて、アルファベットのつづりになるよう、ボタンを取り付けています。持ち手部分には、ナチュラルな木のボタンを。

アレンジ3
 
■ 「ポケットに、ひと工夫」
ポケットは、表地を使用するか、裏地を使用するかで、かなり表情が違ってきます。またリボンなどをタグに見立てたものを、ポケットと一緒に縫いつけてもかわいいです。

アレンジ3
 
■ 「布を切り替える(巾着袋)」
脇を縫い合わせる前に、布の表側に切り替え布を縫いつけます。まず、切り替え布の上下を1センチほど折ります。次に本体の底線と、切り替え布の中心を重ね、先ほど折り返した切り替え布の端を縫い合わせます(画像、赤の仮縫い箇所参照)。


他にも、リボンを縫い付けたり、ワンポイントで刺繍を入れてみたり……いろんなアレンジをお楽しみくださいね!

【関連記事】
  • 入園・入学準備にかかせない、手さげバッグの作り方はこちら
チビに似合う、手さげバッグを作ろう!