今回は、フィッシング詐欺について説明します。最近では「振り込め詐欺」などの詐欺事件の被害が毎日のようにニュースで報道されています。インターネットの世界では、電話や架空請求書を使った詐欺以上に、騙しのテクニックが高度化され非常に危険になっています。ほとんどの方が耳にされた事があると思いますが、「フィッシング(Phishing)」と呼ばれるネット詐欺が全世界で急増しています。

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺のイメージ
フィッシング詐欺とは、振り込め詐欺のインターネット版とも言える詐欺手口ですが、ユーザを騙して、ユーザ自信の手で個人情報を流出させるのが特徴です。
フィッシング(Phishing)詐欺とは、フィッシャーと呼ばれる詐欺師が銀行やショッピングサイトなどを装い「サービスの有効期限が来た、設定が変わった、プレゼントが当たった、振込があったので確認を……」等の内容の電子メールを送信し、その電子メール内のリンクからいかにも本物のWebサイトのように作られた偽のWebサイトの入力フォームに誘導し、ログインIDやパスワード、銀行口座や暗証番号、クレジットカード番号などを入力させて個人情報を不正に入手する詐欺行為です。このように個人情報を「釣り上げる」ことから「フィッシング」と呼ばれるようになりました。
そして、フィッシャーは入力された情報をもとに、本人になりすましてサービスを利用したり、金銭をだまし取ったり、クレジットカードを利用して勝手に買い物をしたりします。この詐欺はアメリカで被害が広がった後、日本でも被害が確認され、急増しています。
世界で被害が急増しているのは、インターネットは現実世界と違い文字と画像が中心ということと匿名性が高い為、偽装を見抜くための判断材料が非常に少ないということが原因とされています。その為、振り込め詐欺の被害者が比較的高齢者に集中しているのに対して、フィッシング詐欺の被害者は老若男女を問わずあらゆる層のユーザに広がっています。


次のページでは、実際にフィッシャーが作成したWebサイトをお見せします。