HDDの容量は年々向上し、ノートパソコンでも100GB以上が一般的になりつつある。ここまで容量が大きくなると、HDDのバックアップはHDDでやるのが手軽だ。
バックアップ対象となる、ユーザー作成のデータや、ソフトの設定情報などはサイズもそれほど大きくないため、HDDにバックアップする必要もなさそうだが、システム全体を丸ごと別のHDDにバックアップしておけば、何らかの異常で起動しなくなっても、比較的簡単に復旧が可能だ。

ノートパソコンの場合、内蔵HDDのバックアップには、外付けの3.5インチHDDを利用するのがコストパフォーマンスも高くおすすめだが、持ち運ぶのは現実的ではない。
バックアップデータも持ち運ぶなら、2.5インチのポータブルHDDを使用するがいいだろう。しかし、容量が100GB~200GB程度と限られるため、バックアップは問題ないだろうが、これに入らない巨大データの保存には向かない。
ノートパソコンを持ち歩き、出先でのバックアップや、内蔵HDDに入らないデータを持ち運ぶ場合、2.5インチのポータブルHDDを使うのが現実的だが、紛失の不安や、常にノートパソコンと一緒に持ち運ばなければならないなど、面倒な点も多い。
また、室内の移動でも、軽く小型とはいえ、余計な周辺機器が一つ増えるだけで、使い勝手がかなり悪くなる。

そこで、ノートパソコン向けのどこでも手軽にデータにアクセス出来る最新環境を考えてみたい。

データの管理が大変

他の人は知らないが、少なくとも私は、CDやDVDなど、どこかにしまっておくようなメディアをどこかに片付けてしまうと、よほどのことがなければ、そのメディアをもう一度使うようなことは無い。
コンピュータのデータも同じで、10年以上前にフロッピーディスクベースで使っていた頃から、一度フロッピーに書き込んで、どこかに片付けてしまったデータを探し出して使うことは滅多になかった。
最近は、ほとんどのデータがHDD内にあり、ネットワーク上から常にアクセスできる状態にしているため、いつでもデータにアクセスできるが、データが多すぎるとその管理も大変だ。

その管理の手間も、iTunesのような音楽データを簡単に管理できるソフトの登場で変わってきた。
MP3のデータを手動でフォルダ管理したい方にはiTunesの使い勝手は不評のようだが、一般的にはたくさんあるCDをコンピュータに取り込み、大量にある曲の中から簡単に目的の曲を見つけられクリック一つで再生できるようになるiTunesのようなソフトは非常に利便性が高いだろう。

音楽やビデオデータの管理はiTunesなどで可能だが、デジタルカメラの画像も、枚数が増えれば増えるほど、管理が大変になる。
デジタルカメラに添付されているソフトでも管理できるが、最近はより高機能なソフトも多数登場している。
例えば、Google PicasaAdobeのPhotoShop LightroomアップルのApertureなど。
これらのソフトはRAW現像機能もついており、バックアップを自動化できるなど、かなり高機能で画像データ版iTunesとも言えるだろう。

一方、コンピュータでは昔から使われているワープロや表計算データの管理ソフトはほとんど無いが、PDFやXHTML形式の電子書籍リーダーAdobe Digital Editionsなどさまざまなソフトが登場しているため、管理の手間も簡単になっていくだろう。

データは管理しやすくなったが、容量が・・・