ThinkPad X60

レノボはB5ノート ThinkPad X シリーズの最新機種となる ThinkPad X60 シリーズを発表した。
X60 は12.1型液晶を搭載したバッテリ駆動時間の長い1スピンドルノートとして、初のインテル Core Duo テクノロジを採用した製品という事になる。

X60シリーズとしては 通常の ThinkPad X60 と、より軽量な X60s の2つにわかれており、重量にこだわる場合以外は、ThinkPad X60 を選んだ方がパフォーマンスが高い。

ThinkPad X60 18万円台から 2月中旬発売
ThinkPad X60s 20万円前後から 2月中旬発売

従来の ThinkPad X シリーズと比較すると、デュアルコアプロセッサを搭載した X3x の機能を、X4x の筐体に入れたというイメージがわかりやすいだろう。
X40 シリーズでは 1.8 型HDD を使い、容量はもちろんHDDに関連するパフォーマンスが低いことが問題の1つとなっていたが、X60 ではマザーボードを小型化することで、2.5型HDDを搭載することが出来るようになり、HDD関連パフォーマンスには問題はない。また、基本機能もX40シリーズでは超低電圧版などを採用し、クロック周波数が若干劣っていたが、最新の通常電圧版デュアルコアプロセッサを搭載し、PCとしての基本性能も高いのがポイントとなる。
持ち運び機種としてみると、基本性能が高いことは良いが、それによりバッテリ駆動時間が短くなったり、発熱が高くなりすぎるようでは使い物にならないが、マザーボードの小型化に伴い冷却性能も大幅に向上し、他社のバッテリ駆動時間を重視しパフォーマンスが若干低い製品と肩を並べるくらいの、バッテリ駆動時間を実現している。
但し、重量は最軽量モデルでも1.16kgと、他社製品の1kg前後と比べると重いが、キーボードの使い勝手などにもこだわり、無理な軽量化がされておらず、若干の違いならより使い勝手を選ぶ方にお薦めの1スピンドル機である。

ThinkPad X60 キーボード
キーボードのアルファベット表示はより見やすく変更になっている

ThinkPad X60 キーボード
一部小さいキーもあるが、ほぼA4 ThinkPad と同じキーボード配列