山の宿で”春の旬”山菜の芽を頂く

春は芽・夏は水・秋は実・冬は根と、食べ物はそれぞれ季節の旬を頂くのが、自然の摂理にも叶い、健康にも一番良い食べ方です。

最近ファーストフードの対極にある食べ物をスローフードといっています。お袋の味!山の幸の味!海の幸の味!試行錯誤の試食の結果伝承された先祖の味を再発見しようと言うわけです。

摘みたての山菜
旬の山菜を頂く
春の旬は、芽!自然に堆積された落ち葉の中から生え出る芽、冬には葉を落とした木々から萌えいずる芽、これから大きく成長しようとするエネルギーを蓄えた芽を頂く。春の旬!山菜の味わいです。

摘み取ったら早く頂かないと新鮮さや栄養・味が損なわれます。周囲に山菜の豊富な山の宿で頂くのが一番です。摘み立ての山菜が、旬を生かした天ぷら・ヌタやくるみ和え・味噌和えの豆腐添え、牛肉まきそば粉上げなどにアレンジされ食卓を賑わします。

浅間山荘の山菜は、浅間山に生えるほぼ全ての山菜が食べられます。時期により異なりますが、今年は雪が多く、春の訪れが遅かったので、この時期例年になく種類も豊富です。 写真にある笊に盛られた山菜、タラの芽、こしあぶら、ふきのとう、行者にんにく、和たんぽぽ、うど、よもぎは、昨日(5/7)摘んだ山菜です。

山菜採りは、翌年も芽を出すように残して摘む事が肝要です。山に勝手に入って勝手に山菜採りするなどもってのほかです。浅間山荘では、リピート客のために会員制の「天狗温泉浅間山荘倶楽部」を設けていて、入会すれば山菜採りの企画に参加する事が出来ます。

秋には茸狩りの企画も実施しています。参加を希望される場合、日程費用などは直接浅間山荘に確認下さい。
●名称:天狗温泉浅間山荘
●住所:384-0000 長野県小諸市野馬取
●電話:0267-22-0959・FAX:0267-25-2255
●アクセスガイド:
◆列車・バス:しなの鉄道小諸駅より車で25分。迎致します。(要予約)
◆車:上信越道小諸ICより浅間サンライン・チェリーパークライン・途中林道へ右折し約3km・ICより25分(関越道練馬I.C.~小諸I.C. 160km)
●地図:浅間山荘

《謝辞》:本ガイド記事は、天狗温泉浅間山荘のご主人山崎幸浩氏の多大なご協力を得て作成しております。この場を借り深謝申し上げます。

《関連サイト》:
 ・佐久市・小諸市など東信州佐久北部エリアの観光情報
 ・おすすめの信州の温泉宿、日帰り温泉情報

・制作:03/05/08・更新:06/05/14

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。