三菱電機(Mitsubishi Electric)の冷蔵庫・冷凍庫

「切れちゃう瞬冷凍」や「透明製氷室」など、斬新な技術と使いやすさで主婦の支持を得て、長い間、冷蔵庫シェアNo.1の座を維持していた人気メーカー・三菱電機。

幅寸法がコンパクトなまま大容量を実現した「コンパクト大容量」は、日本の住宅事情にマッチしていると高い支持を得ました。部屋別に冷却をコントロールする省エネ設計や、指1本で棚の高さが変えられる「動くん棚」なども根強い人気。2016年には光合成をする野菜室を復活! 今後の進化が楽しみ。

■代表機種:「置けるスマート大容量」WXシリーズ【MR-WX70Cほか】※2017年8月発売
幅800mmで業界最大容量700Lを実現。さらに独自の技術で省エネNo.1を達成。ガラス扉仕様としたプレミアムシリーズも充実。肉や魚をストックするだけでなく解凍する機能を追加した「氷点下ストッカーD」や「切れちゃう瞬冷凍」など冷凍技術が得意。2016年からは、LEDで光合成を促し、野菜をおいしく長期保存できる「朝どれ野菜室」が復活。3色LEDで太陽光に近い状態にしたのが進化ポイント。

 

■代表機種:「置けるスマート大容量」JXシリーズ【MR-JX60Cほか】 ※2017年9月発売
業界初、幅68.5cmで600L台を達成した「スマート大増量」シリーズ。幅65cmでも500L台が可能! 最上位モデルと同様に、肉や魚をストックする「氷点下ストッカーD」「ワイドチルド」「朝どれ野菜室」など機能は充実。-7℃で冷やす「切れちゃう瞬冷凍」やセンサーで集中冷凍する「熱いまま冷凍」などの冷凍技術が高いのも特徴。上位モデルにはない「動くん棚」があるのも大きな魅力。

 

■代表機種:Pシリーズ【MR-P17C/P15C】※2017年11月発売
スッキリしたデザインでシングルユースに向く、コンパクトタイプも得意!

 

【関連サイト】
三菱電機 冷蔵庫(メーカー公式サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。