当日もめないよう、くわしく打ち合わせをしよう

見積り書は契約書です。内容を確認するためにも一度はじっと見てみましょう。どのサービス項目にチェックされているか、言ったことは記載されているかなどを確かめます。

■打ち合わせで決めたことは見積り書に明記してもらう
見積りに来た営業担当者は、当日作業に来ないことが多いようです。したがって当日の作業者と「言った」、「聞いていない」と険悪な雰囲気になることも考えられます。処分をお願いしたモノや、貴重な家具や調度品など取り扱いに注意が必要なものなどはその旨を記載してもらい、当日の作業員にも周知徹底するように念を押す必要があるでしょう。

■支払い方法を決める
清算の仕方は、現金なのかカード払いなのかを決めておきましょう。手持ちのクレジットカードで決済できず、当日ATMから引き出し、お金をかき集めるということのないように。取り扱っているカード会社も確認しましょう。

■見積り書は契約書
見積り書と思ってその後小さな変更があっても気にしないというのはNGです。見積り書といってもその紙は契約書。記載された作業員数より少なかったり、記載された時間に来なかったり、料金を勝手に上増したり、理由もなく内容を守らないのは違反行為です。

見積りって苦手という人もいますが、契約だと割り切って冷静に判断してみましょう。引越しは高額なお買い物でもあるのですから。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。