英辞郎第三版2007年1月末発売! 書籍版が売れるわけ

target="_blank">英辞郎
英辞郎第三版2007年1月末発売
英辞郎はいわずと知れた英和・和英辞典の王様です。語彙が多い、最新の言葉にも対応している、専門用語が充実しているなどの理由から多くの英語学習者を始め、英語を使って仕事をする専門家からも支持されています。その英辞郎、第三版が2007年1月末に出版されることになりました。

以前、アルクが無料で提供している 『英辞郎on the web』 をご紹介させていただきました。インターネットコネクションがあれば自由に検索することができます。無料で英辞郎が使えてしまうのに、書籍版がどうして売れるのでしょう? 今回はその秘密に迫ってみました。

書籍版といっても紙の辞書ではありませんのでご注意を。英辞郎はコンピューターに組み込んで使う辞書です。もともとは、厳選された翻訳家たちが自分たち独自で使う英和・和英のデータベースでした。インターネット上で協力し合って作っている辞書です。


専門家もうなる語彙の豊富さ、例文の多さ

でも、その語彙の豊富さや例文の多さ、使いやすさを世の英語専門家や学習者が見逃すはずがありません。多くの人の要望に応え、仲間内で使っていたものを他の人にも使えるようにと提供し始めたのが、英辞郎の始まりでした。今では、英語に携わる人なら、この英辞郎を知らない人はいない、といわれるまでに広く世間に知れ渡っています。

コンピューターとインターネットコネクションなんて、今どき、職場でも自宅でも使いたい放題。無料で英和・和英が検索できてしまうのに、どうして書籍版を購入するの? しかも爆発的に売れているのはなぜ? という疑問に応えるべく、今回は、購入バージョンに付いている優れた機能に迫ってみます。


さぁ、購入版英辞郎にしかできないことって何でしょう? 次のページへ