レイアウトの変更

はがきが表示されると同時に、上部に「はがき宛名印刷」ツールバーが表示されます。これを利用していきます。

1)このツールバーの中で「差し込んだデータを表示」ボタンが押されていて、オレンジ色になっていますのでクリックし解除します。どこに何の項目名が入っているかがわかるようになります。



2)会社用の年賀状なら、役職などの項目を作って、それを利用すればいいですが今回は個人用なので、「会社名」「部署名」「役職」は削除しましょう。まず、「役職」でドラッグし反転をかけて「Delete」キーで消します。さらに「Delete」キーでタブの矢印も消しましょう。「姓」が上に移動しましたね。



3)「会社名」「部署名」の欄の中でクリック後、周囲の枠線で再度クリックしますと、網点になりますので、そのまま「Delete」キーで消します。



4)会社名を消したので住所欄を少し横に広げましょう。○のハンドルでマウスポインタが左右の矢印になったら、広げます。



5)そうすると、住所1の項目も左にずれてしまうので、文字枠に合わせて今度は広げます。薄い線にマウスポインタを合わせて、二重線の左右の矢印になったら、右に広げましょう。



6)レイアウトが変更されました。



連名の追加

ここでやっと連名を追加します。
1)「名」の下でカーソルを表示し、「Enter」キーで改行します。



2)[ツール]-[はがきと差込印刷]-[差込印刷]をクリックします。



3)右側に作業ウィンドウが表示されます。下方にある「レターの作成」をクリックします。




4)「差し込みフィールドの挿入」をクリックします。(差し込みフィールドとは、Excelで住所録を作成した項目名をさしています。)



5)[差し込みフィールドの挿入]ダイアログボックスが表示されます。「連名」をクリックし、[挿入]ボタンをクリックします。



6)次の行に《連名》が挿入されます。そのあとダイアログボックスは閉じましょう。ここで、右の姓と名が開きすぎているので、カーソルを表示して1つスペースを削除しましょう。



7)再度「差し込んだデータの表示」をクリックします。



8)《名》と《連名》を揃えましょう。連名の前でクリックし、名前の位置に合うようにスペースを入れます。ある程度のスペースを入れたら、そのスペース部分をドラッグし、フォントのポイント数を変更し、位置があうようにします。微妙な場合は、日本語入力をオフにし、直接ポイント数の欄に数値を打ち込むとそのポイント数でスペースが変更されます。



9)同様に、右の「様」の下にカーソルを表示し、改行します。

10)「差し込みフィールドの挿入」から「敬称2」を挿入して閉じます。

11)その後、「次のレコード」をクリックし、住所録のデータを次々と表示してみましょう。



ずれていたら、再度調整を行ってください。この宛名面が完成したら、名前を付けて保存します。次にこのファイルを開くときには、メッセージが表示されますので、[はい]をクリックして使ってください。



次のページではWord2007でをご説明します⇒