家でお仕事
在宅で仕事をするにも知識が必要

在宅ワーカーの増加と共に、各人のスキルの向上とモラルの一定化を計るための資格が企業から望まれて来月(3月27日)に初回の試験が開始されます。
試験内容を見ると、SOHOに限らず、誰でも知っていた方がいいようなもの。
ご自分のスキルを確認するために・・・の受験でもいいかもしれません。


在宅ワーカー検定試験


▼在宅ワーカー検定試験 公式サイト

★在宅ワーカー検定試験開始の背景
求職者の増加と共に、PCスキルのあるかたが在宅で仕事を始めることが多くなってきました。それと共に、この4月より文書のデジタル保存を推し進めるe-文書法案が試行されることとなりました。そうなると、今まで紙ベースで保存されていた書類をデータ化しなくてはいけなくなり、データ化する仕事を企業は、SOHOに委託することになります。

ところが、いざ委託すると、処理に関わるスキルはあっても、個人のセキュリティ概念の違いや、在宅ワークの基礎知識の低さを企業は感じるというのです。「この人に任せて大丈夫!」という指標があれば・・・という企業(仕事の委託元)からの強い要望があって、この資格試験が開始されることになったのです。

★検定試験(第1回)
日にち:3月27日(日)
締切:3月23日(水)
時間:2時間
級:3級(初回は、3級のみ)
試験形式:マークシート方式
申込み:WEBで申込み
受験料:3級9,000円
▼WEB申込をすると、3月上旬に受験票が送られてきます。
合格基準:100点満点で70点以上

★今後の試験予定
《試験日》
3級 平成17年7月24日(日)
3級 平成17年11月20日(日)

2級 平成17年7月31日(日)
2級 平成17年11月27日(日)

1級 平成17年12月4日(日)

《受験料》税込み
3級 9,000円
2級 12,000円
1級 15,000円
S級(分野別) 未定

《試験形式》
3級・マークシート形式(50問×2点 四肢択一方式)
2級・マークシート形式(30問×2点)記述式(4問×10点)予定
1級・マークシート形式(20問×2点)記述式(6問×10点)予定
S級・マークシート方式+記述問題の予定

《合格基準》
100点満点で70点以上ですが、2級・1級は記述式問題の得点が5割未満(2級で2割未満、1級で30点未満)であると不合格となります。

《検定合格後の登録》
検定試験合格者は登録料として別途税込み21,000円が必要です。

《資格更新》
2年に1度の更新が必要。更新料は、税込み12,000円で、更新研修を受けます。

《試験当日の持ち物》
テキストなどの持込は禁止。筆記用具のみご持参ください。

★勉強方法
テキスト:財団法人企業経営通信学院か、各認定校で販売。市販はされません。
授業:認定校で受講します。
実力で受験なさる以外は、財団法人企業経営通信学院から近くの学校を紹介してもらい、そこで受講し勉強します。
受講料は、認定校によりまちまち。
今はまだ、認定校サイトができていませんので、随時ご連絡を取っていただくと紹介してもらえるそうです。




▼SOHOスタイルで働く

▼マイクロソフト オフィス スペシャリスト

▼パソコン検定

▼ドットコム マスター

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。