「#REF!」の意味とは?なぜ表示される?    

エラー値「#REF!」を修正したい

エラー値「#REF!」を修正したい

Q: 計算結果に#REF!と表示されています。どのように解決すればいいのでしょう?

A: セル参照が無効なために#REF!【読み:リファレンス】というエラーがでているのです。この原因と解消方法をご説明します。


<「#REF!」の意味とは?エクセルでのエラー原因と回避法 目次>  

エラー値「#REF!」の原因と回避法

[原因]
参照しているセルが無効になっている場合に表示されます。よくある例としては、参照していたセルを削除した時に表示されます。

[回避法]
削除したセルに正しい値を入力します。

【例】
  • 下記の表を作成しました。(単価と個数をかけて合計を出したあと、税込み金額を求めています)※編集部注:税率が記事執筆時の5%に設定されています。 


 
  • 消費税率の欄はなくても計算できるので、消費税率の列を削除しました。


 
  • すると、式の元になっているセルを削除したためにエラー値、#REF!が表示されてしまいました。


 
  • 式を打ち変えます。


 
  • 無事に数値が表示されました。







 

「#REF!」を非表示(空白)にする方法    

「#REF!」判定が出る可能性があり、エラーが出たときには空白のセル(何も表示されていないセル)にしたい、というケースもあります。その場合はIFERROR関数を使いましょう。

IFERROR関数では、1つめの引数に「エラーが発生したかどうかを判定したい数式」を指定し、2つめの引数に「エラーが発生したときに表示させたいデータ」を指定します。

例えば、上で紹介した例のD5に入っている

=C5*1.05

の数式の場合

=IFERROR(C5*1.05,"")

と入れて使います。

1つめの引数の数式でエラーが発生しなければ数式の結果が表示され、エラーが発生したら2つめの引数に指定したデータ(今回は空白)が表示されるわけです。


【Excel(エクセル)のエラーに関する記事】
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。