円高の今こそ海外留学のチャンス!
最近の円高基調は海外に学びに行く日本人留学生にとってはかなりの追い風です。
ここ最近の円高はすごいですね。

輸出産業が多く、貿易収支が大幅な黒字になっている日本は円高になると為替差損を被ります。だからこそ、円高不況という言葉も出てくるわけですが、特にここ最近の円高はその変動が大きく、例えばトヨタは新車販売の不振と為替差損が重なって、昭和57年以来初めての営業赤字に転落してしまいました。

一方、輸入産業にとっては海外から原材料などを安く仕入れられるので、為替差益が出て、利益が生まれます。そして、もちろん日本人留学生にとっても円高は追い風です!

94年に1ドル=100円割れで日本人留学生増加

過去を振り返ってみると、1985年のプラザ合意によって急激に円高が進行し、1985年初めには250円台だった円相場が1986年末には一時160円を突破しました。その後、多少円安にふれた時期も全体的には円高が進み、1994年にはついに100円の大台を突破、翌1995年には一時的に79円になりました。

つまり、海外に留学する方にとっては金銭面でも非常に行きやすい状況ができました。

留学する際の大きな悩みの一つは「留学資金」ではないでしょうか。だからこそ、留学先を選ぶ際はまず授業料や滞在費がどれくらいかかるかを調べます。でも、円高になるということは、それだけ費用が安く済みますので、非常に大きなメリットと言えます。

1年前より4割安く留学できる!

そして、現在、近年にないほど急激な円高になっていますから、今年留学をする方、留学しようと計画している方にとっては、もともと考えていた留学費用よりもかなり安く済むはずです。

この1年でどれくらい変化があったのか具体的に調べてみようと、某都市銀行の外国為替課に電話をして、ちょうど1年前と今日のTTSレート(外貨を買うレート)の変化を聞いてみましたところ、下記のようになりました。

  • アメリカドル     107.87 → 91.45(△15%)
  • カナダドル      108.00 → 75.92(△30%)
  • イギリスポンド    216.19 → 132.40(△39%)
  • オーストラリアドル   97.43 → 62.43(△36%)
  • ニュージーランドドル  85.69 → 49.55(△42%)

    これ、すごくないですか!ニュージーランドに留学する方にとっては、1年前よりも留学費用が42%も安くなったということです。そして、イギリスも39%安く、オーストラリアも36%安く留学することができます。

    為替相場が今後どうなるかはよく分かりませんが、しばらくは円高基調が続きそうなので、留学したいと考えている方はこのチャンスを逃さないことだと思います!

    【関連記事】
    『円高の今こそ、海外での学びに挑戦!』
    『円高メリットを享受する賢い旅行とは!?』
    『まだまだ円高は進むの?』

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。