スカルプチュアやジェルネイルなど……人口爪とはどんなもの?

スカルプチュアやジェルネイルは人気のオーダー

ネイルサロンではオーダーの多いメニューです

『スカルプチュア』『ジェルネイル』…。最近ネイルを楽しむ人の中では、こうしたいわゆる人工爪をデイリーに取り入れる人が多くなってきました。

人工爪はもともと、爪が弱くて伸ばすことの難しい人でも美しい爪先を演出することができるように開発されたものです。そうした目的で人工爪を取り入れる人もいますし、人工爪ならではの美しいデザインを求めて取り入れる人もいます。

これら人工爪、そもそもどういったものなのでしょう?今回は、人工爪の中でも代表的な『スカルプチュア』『ジェルネイル』について良い点と気をつけた方がいい点をまじえながらお伝えします。
   

スカルプチュアとは

本来『スカルプチュア』という言葉は、人工爪の総称を指します。けれでも一般的に『スカルプチュア』というと、『アクリリックネイル』と呼ばれるアクリルリキッドとアクリルパウダーを化学重合させたミクスチャーを使って作る人工爪のことを示しています。

 
ミクスチャー
爪の長さを出すためにフォームを装着し、その上からミクスチャーをのせていきます
アクリルリキッドを含ませた筆でアクリルパウダーを取ると化学重合が起き、ミクスチャーというドロドロとした固いクリーム上のものができあがります。これを爪の上に置いて、爪の形を作っていきます。このミクスチャーは時間が経つにつれて自然硬化していきますので、完全に固まったらファイルを使って爪の形に整形していきます。

スカルプチュアを使って爪を作るには、次の2つの方法があります。

◆チップオーバーレイ
◆ベーシックスカルプチュア
 
チップオーバーレイは、爪の先端にネイルチップを装着し、その後全体にミクスチャーを使って補強をする方法です。ベーシックスカルプチュアは、ネイルチップは使わずに全体をミクスチャーを使って作り上げていく方法です。一般的にネイルサロンでは、ベーシックスカルプチュアを主に取り入れているサロンが多いようです。
 

スカルプチュアの魅力・注意点

スカルプチュア
 
◆良いところ
スカルプチュアでは、地爪ではできないような美しいアートを施すことができます。例えば左の写真のように、透明なミクスチャーをベースに先端だけラメを混ぜることで、ポリッシュを使った時とは異なる立体的なアートデザインを楽しむことができます。
 
アクリルパウダーは透明なものだけではなく、ホワイトをはじめ様々な色が揃っていますのでデザインバリエーションが非常に多く、爪をなかなか伸ばすことができない人でも簡単に丈夫な長い爪を作ることができるのが良い点です。

◆注意したいところ
けれども一方で注意したい点は、爪に対する負担です。スカルプチュアをつける際に爪への接着を良くするため、地爪をファイルで削ることから、爪が薄くなってきてしまいます。そして独特の臭いがあります。アクリルリキッドの臭いは苦手な人もいますので事前に確認した方が良いでしょう。また、スカルプチュアを外す時にはアセトンという強い刺激のある液体を使って溶かしていくことから、肌が荒れたり乾燥する場合があります。

スカルプチュアをつける場合は、ネイリストさんと爪のコンディションについて相談をした上でつけてもらうと良いでしょう。またスカルプチュアは決して自分で無理にはがしたりせずに、是非ネイルサロンに行って施術してもらってくださいね。
 

ジェルネイルとは

ジェルネイル
UVライトを使ってジェルを硬化させていきます
ジェルネイルとは、ジェル状のアクリル樹脂の一種を使った人工爪です。水飴のようなドロドロしたジェルを地爪の上に置き、UVライトを使って紫外線を当てることで硬化させていきます。硬化したらファイルを使って形を整えていきます。

スカルプチュアと同じように、チップオーバーレイとフォームを使って地爪の上から直接形を作っていく方法とがあります。また地爪の上にジェルをかぶせ、弱い爪を保護強化する『フローター』という技術もよく使われています。


 
ジェルネイル

 
ジェルネイルは紫外線に当てるまでは固まらないため、時間が経つにつれて自然と硬化していくスカルプチュアとは異なり、時間をかけて形を作ることができます。水飴のようなジェルを上手に操作するのは、スカルプチュアより難しいとされています。

カラフルなジェルもたくさん揃っていて、クリア感のある美しいデザインを楽しむことができます。
 

ジェルネイルの魅力・注意点

ジェルネイル
 
良いところ
ジェルネイルは、スカルプチュアに比べるとさらに透明感と光沢感があるのが特徴です。ラインストーンも映え、最近人気の技術になってきています。また、スカルプチュアは独特の臭いがあるのに対して、ジェルネイルは無臭です。それもまた人気の理由の1つでしょう。
 
◆注意したいところ
けれどもジェルネイルもスカルプチュアと同様、地爪を削ります。また、ジェルネイルを外す際は溶液で溶かすことはできないので、ファイルで削って取り外します。そのため爪への負担がかかります。人によってはUVライトを当てる時に爪先にピリピリとした痛みを感じる場合もありますので、やはりネイリストさんとしっかり相談して施術してもらってください。

※最近ではジェルネイルでも溶液を使い溶かして外す製品がネイルサロンで取り入れられるようになってきています。「ソークオフジェルですか?」と直接確認すると良いでしょう。
 

スカルプチュアとジェルネイルの違いをおさらい!

最後に、スカルプチュアとジェルの違いをまとめておさらいしてみましょう。

◆スカルプチュア(アクリリックネイル)
【材料】アクリルパウダー、アクリルリキッド
【硬化】化学重合によって時間が経つにつれ硬化する
【臭い】アクリルリキッド特有の臭いがする
【外す方法】アセトンで溶かす

◆ジェルネイル
【材料】ジェル
【硬化】UVライトによる紫外線で硬化する
【臭い】無臭
【外す方法】ファイルで削る(アセトンで溶かす種類もあり)

両方とも良いところもあれば気をつけなければいけないところもあります。地爪への負担に注意して、人工爪を楽しんでみてくださいね!
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。