こんにちは、エステ・スパガイドの惣流です!
前回記事の続編ということで、今回はフェイシャルメニュー名を整理してみました。またその他よく見るエステ用語や機械や施術名なども50音順にまとめています。
今回の記事の活用法はいたって簡単、斜め読みするだけ。単語が何となく分かっているとエステティシャンとコミュニケーションも取りやすいし、トリートメントも安心して受けられますよ。

CONTENTS
■2005年版・フェイシャルケアの分類
■2005年版・トリートメント内で使われる用語一覧表


フェイシャルのタイプを内容別に把握

ひとことでフェイシャルケアといっても、内容によってここまで細かく分けられます

フェイシャルケア 分類
サロンでよく見かけるメニュー名

主な内容

アクネケア ニキビ、ニキビ跡が気になる肌用のフェイシャルトリートメント。すでにできているニキビの炎症をおさえたり、皮脂バランスを整えるケア行うことで新しいニキビができにくい肌状態に近づけていく。
アロマ アロマテラピー(芳香療法)ベースの化粧品やオイルを使ったフェイシャルケア。クレンジング→ハンドマッサージ→パックとハンドトリートメントをメインとした内容 で提供するサロンが多い。
アンチエイジング シワ、たるみ、くすみ、シミなど、年齢とともに現れる様々な状態の改善を目的としたトリートメント。施術の内容や使用する化粧品、機械はサロンによって随分と違う。
毛穴、ディープクレンジング 日常のケアでは除去しづらい肌深部の汚れを取り去るトリートメント。毛穴の黒ずみや肌表面のざらつきなどが改善される。
小顔、リフトアップ 筋肉や皮膚、リンパを刺激することでむくみやたるみを解消し、顔全体を小さく見せたりやフェイスラインをすっきりとさせるトリートメント。施術の内容や使用する化粧品、機械はサロンによって 異なる。
デトックス(毒素排出) 体の深部に滞っている老廃物や毒素を排出させるためのトリートメント。肌トラブルの原因と考えられている様々な毒素を出すことで、顔全体のくすみ、クマ、吹き出物など 様々なトラブルにアプローチする。
光、フォト 美容効果のあるフラッシュ状の光線を肌に当て、肌内部を活性化させるケア。ニキビや毛穴の開き、たるみ、しみなどの肌トラブルを改善させる。レーザーとは違う。
美白、ホワイトニング シミやくすみの改善を目的としたフェイシャル。ホワイトニング専用の化粧品や、後述のイオン導入器などが併用される場合が多い。


価格帯はサロンや地方によって随分差があるのであえて明記していません。ですが、一般的にアンチエイジング(シワ、たるみ対策)やリフトアップ(たるみ、小顔対策)など女性特有の根深い悩みの改善は比較的高い料金設定がなされているようです。
ユーザー側から見ると痛いところをつかれた感じですね。

次はエステサロンでよく耳にする用語の紹介です。