文章 : 大崎 百紀(All About「エステ・スパ」旧ガイド)

マンションの一室にある小さな家庭的なエステティックサロン見っけ。


若かりし頃に、ニガーイエステの失敗経験を持つ私にとって、いわゆるエステサロン(会員制だったり痩身目的がメインのようなサロン)に対しての意識はかなりネガティブ。できればエステよりも、デイスパとかアロマサロンのほうに行きたい…んです。
…と言ってしまうのは邪道。いいところだってあるんです。

前々号に記事で紹介をした「メディケア五反田店」のように、エステサロンといえど、かなり健康増進目的のサロンもあれば、とっても良心的な居心地のいいサロンも、最近は増えているんです。嬉しいことです。エステサロン生き残り戦争の中で、良いサロンはしっかり消費者には評価されているということなのでしょう。

マンションの前にはこんな小さな看板しかありません。
今回もそんな、消費者が泣いて喜びそうな安くてしかも気軽な気持ちで通える良心的なエステサロンを見つけました。
その名は「ル・ソニア」。

下北沢にあるマンション一室内の、とても小さなエステティックサロンです。かなり狭い。小さな玄関に、小さなフロント。小さなカウンセリングスペース。

でも、トリートメントルームは普通の広さなので、無駄のないスペース作りには共感を覚えました。
ここは、何がどうお安いのか説明しましょう。
頻繁に通う人のために、チケット購入システムがあるのです(もちろん入会金などありません)。

そのチケットは、いわゆる金券です。10枚綴りで21000円(税込)。そのチケットの枚数によって、自分の受けたいトリートメントが選べるというわけ。
たとえば、「フェイシャルスタンダード」(50分)は、チケット1枚で受けられます。
つまり、金額にして、2100円!!(安すぎやしないか?)
この50分間は、クレンジングから、イオン導入、リラクゼーションマッサージなどがちゃんとあります。でもちょっとこれでは物足りないな、という人には「フェイシャルレギュラーコース」(60分)がお勧めです。こちらになると、マッサージも充実。肌別の美容液も塗布してくれます。こちらでさえもチケット2枚(つまり4200円)で受けられます。あぁ、本当に安いです。


奥には小さなカウンセリングスペースがあります。
こちらのサロンが良心的なのは、こういうコースでさえも、ビジター価格があることでしょう(たとえば「フェイシャルスタンダード」の場合2520円)。
チケットを10枚分購入するのにちょっと迷われる方はまずはこちらを最初にビジター価格で受けてから、決めることができます。

フェイシャルは、他にも「デコルテ+レギュラーコース」(75分)もあり、リラックスを目的でフェイシャルを受けたいのなら、こちらがベターです。ツボを意識したデコルテのマッサージがつきますから、首・肩凝りがひどい方に向いています。こちらでさえ、チケット3枚分(つまり6300円です)。その他顔のリフトアップ目的の「リフティングコース(小顔コース)」(90分)は、4チケット分(つまり8400円)。

このル・ソニアは安いだけではなく、ちゃんとその人の肌・体質に合わせたトリートメントを提供してくれるというところでしょうか。

今日の私は、新コース『ジュワルクール』(120分)を受けることにしました。
まずはしっかりカウンセリングシートに記入して、自分の今の体の状況にあったオイルを選んでもらいます。自分の体質にあったマッサージオイルを選ぶための細かい質問事項の書かれたカウンセリングシート。この回答を基に「ドーシャチェック」します。つまり、アーユルヴェーダみたいな質問ばかり。

さてトリートメントは。