使い方を知らないだけでなく、上手に引けないと犬猿されがちなリップライナー。ですがこの“リップライナー”、普段使いだけでなく、着物やパーティなどにももって来いの優れモノ。

こんかいはリップライナーの失敗しない引き方をご紹介。覚えておけば、恐いもの無し。是非試してみて!!

失敗は誰でもあります。綿棒さえあれば問題無し!

ステップ1
【STEP1】 まずはリップクリームは塗らずにリップライナーを使用。まずは下唇から。口を大きく開けて、左端から中央まで引き、次に右端から中央まで引きます。下唇の方が厚くなると、バランスが悪くなりがちなので、下唇に関しては自分の唇のラインに沿って描いていきましょう。


ステップ2
【STEP2】 次に上唇。同じく大きく口を開けて、先に中央のVラインを描きます。そして次に左端から中央にむかって、右から中央に向かう様に仕上げます。上唇が厚いと、セクシーでグラマラスな印象になるので、若干オーバー目に描いてあげるのがオススメ。これ一つでグッとゴージャス感が出るので、パーティなどの時は本当にオススメです!

そして、はみ出したりしてしまった部分は、化粧水を少量含ませた綿棒を使って拭き取ります。ペンシルは非常に細いので、誰だってはみ出したりラインが上手く描けない時はあります。そんな時は綿棒を使って修正してあげればOK。


ステップ3
【STEP3】 次に筆を使って丁寧にリップクリームをのせます。この時、必ずリップライナーにはかぶらない様に筆で唇に塗りましょう。なぜ一番最初にリップを塗らないかと言うと、リップを塗るとその水分でラインが上手く引けないだけで無く、ラインがぼける、ラインが落ちやすくなる、などの不利な点が発生してしまうのです。

なので、リップは筆を使って丁寧に馴染ませましょう。間違っても上下の唇を合わせて馴染ませてはダメ!!


ステップ4
【STEP4】 次に口紅を筆を使って塗ります。ラインの内側を埋めるように塗ってあげましょう。一度塗り終わったら、中央にだけもう一度口紅を重ねます。中央に多く口紅をのせる事で、色が濃く付き立体感のある口元が作れます。


Before
After
Before
After
左が口紅を塗っただけの唇。右がリップライナーと口紅を塗った唇。左もナチュラルで良いですが、右は左に比べて圧倒的にゴージャス感が出ますね。今回は分かりやすく濃い赤を使用しましたが、オレンジ、ベージュなどのライナーをセレクトすると、普段使いでも派手にならず使用出来ます。仕上げにグロスを使ってもふっくら感がよりでて良いですよね。色々なシーンで活用出切るリップライナー、是非チャレンジしてみて下さいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。