■【2022年版】100均「レジャーシート」はダイソーがおすすめ! 便利で心強い

100均のレジャーシート「ダイソーのレジャーシート(ボタニカル)」

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」


レジャーシートは屋外で座りたいとき、荷物置きなどにもなにかと便利ですよね。雨などで多少濡れている場所でも活躍します。子ども頃に遠足で使った記憶がよみがえる人も多いかも。

デザインや生地などこだわりを求めるのもいいけれど、100均の「レジャーシート」もおすすめ。サイズや柄も豊富にそろっていて、安価で入手できます。各100円ショップでさまざまな「レジャーシート」が見つかりますが、筆者のイチオシはダイソーの「レジャーシート ボタニカル」。1枚あるだけでいろいろなシーンで使えるんです。
 
100均のレジャーシート「ダイソーのレジャーシート(ボタニカル)」はクッション性はなく薄手

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」はベルトつき


イチオシポイントは以下!
  • たたみやすい
  • コンパクト
  • ベルトつき
  • 水をはじく
  • 保管がしやすい
比較的薄手なのが特徴でたたみやすいです。クッション性はないのですが、厚みが出ないので扱いやすく撥水性あり。ベルトがついているため、自然に開いてしまうこともありません。保管を考えても使いやすいです。

 

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」の値段・価格・コスパ 

ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」の価格は110円(税込)。100均商品のメリットは、買い替えのしやすさです。汚れがひどくなったり、穴が空いてしまったりしても、あまり迷うことなく買い換えができます。「壊れやすい?」という心配はしなくて大丈夫。もちろんすぐに破れたり穴が開いたりすることもないので、使用期間や回数を考えてもコスパは良いですよね。

 

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」のサイズ・素材

100均のレジャーシート「ダイソーのレジャーシート(ボタニカル)」のサイズ

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」のサイズ


ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」は、縦60cm×横90cmで1~2人用。1人で使うならリュックサックなど荷物を置いても余裕があります。
 
100均のレジャーシート「ダイソーのレジャーシート(ボタニカル)」の材質

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」の材質


材質はポリプロピレンです。表面はツルツルしていて、水をはじきます。

 

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」はおしゃれな2種類

100均のレジャーシート「ダイソーのレジャーシート(ボタニカル)」のブルー系を購入

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」のブルー


ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」はブルーとグリーンが選べます。筆者はブルーを買いました。涼し気ですね。

 

■【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」の使い方

ベルトは取り外せない

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」はシートにくっついている


ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」は使い方、カンタンです。ベルトどめをはずして、広げるだけ!

ベルト自体はシートにくっついていて取り外しはできないので、なくす心配がなくて良いです。そのまま広げたら、すぐに使える状態になります。
 
車のトランクに敷いて、汚れ防止に

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」を車のトランクに敷いて、汚れ防止に


筆者は車のトランクに敷いていて、汚れを防くことができています。
 
いただいた野菜の置き場所にもなる

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」は野菜の置き場所にも!


「レジャーシート ボタニカル」は野菜置き場としても活用中。筆者はご近所さんから野菜をいただくことが多く、土つきの場合は「レジャーシート ボタニカル」の上に置いています。水滴がついていても撥水で安心です。

DATA
ダイソー┃レジャーシート(ボタニカル、90cm×60cm)


 

■100均のおすすめ「レジャーシート」3選! 100円で買えて機能&デザイン◎

各100均にはダイソーの「レジャーシート ボタニカル」以外にも使いやすい「レジャーシート」があります。今回は110円(税込)で買えて、筆者が試して良かったものを紹介します。

 

1.【100均】キャンドゥの「やわらかクッション素材 レジャーシート」

キャンドゥのレジャーシート「やわらかクッション素材 レジャーシート」

【100均】キャンドゥの「やわらかクッション素材 レジャーシート」


キャンドゥには、やわらかい素材の「レジャーシート」があります。「やわらかクッション素材 レジャーシート」は発泡ポリエチレンが使われていてふかふかです。
 
キャンドゥのレジャーシート「やわらかクッション素材 レジャーシート」は若干薄め

キャンドゥの「やわらかクッション素材 レジャーシート」は芝生などやわらかい場所に◎


やや薄手なので、芝生などやわらかい場所で使うのがおすすめ。サイズは約60cm×120cmで、2~3人用です。半分に折ることもできます。

DATA
キャンドゥ┃やわらかクッション素材 レジャーシート


 

2.【100均】ダイソーの「ディスニー柄のレジャーシート」はかわいい

ダイソーの「ディスニー柄のレジャーシート」

【100均】ダイソーの「レジャーシート ミッキー&ミニー」


ダイソーにはディズニーの商品も多数あり、レジャーシートも例外ではありません。筆者はミッキマウスやミニーマウス、トイ・ストーリーのキャラクターイラストの「レジャーシート」を見たことがあります。
 
ミッキーマウスとミニーマウスの柄

ダイソーのディズニー「レジャーシート」のミッキーマウスとミニーマウス柄


今回買えたのは、ミッキーマウスとミニーマウスのイラスト入り「レジャーシート」。サイズは60cm×90cmです。とても可愛らしいので、子どもの遠足にも役立ちそう!

DATA
ダイソー┃レジャーシート(ミッキー&ミニー)

サイズ:60cm×90cm

 

3.【100均】セリアのレジャーシート「アルミシート」はアウトドアに◎

セリアのレジャーシート「アルミシート」

【100均】セリアのレジャーシート「アルミシート」


アルミ蒸着フィルムが使用されていてクッション性もあるセリアのレジャーシート「アルミシート」。アウトドアにももちろんおすすめなのですが、筆者は防災グッズとして保管しています。アルミシートなので保温性もありますからね。サイズは約60cm×90cmで、1~2人用です。

DATA
セリア┃アルミシート


 

■100均の「レジャーシート」にまつわるQ&A

ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」だけでなく、100均の「レジャーシート」全体について疑問を解消していきます。

 

【100均】ダイソーの「レジャーシート ボタニカル」の売り場はどこ?

店舗によって異なりますが、筆者が利用しているダイソーでは、キャンプやアウトドア用品と一緒に置かれていました。もし見つからない場合には、店員さんに聞くと教えてくれますよ。ダイソーネットストアダイソーオンラインショップに掲載があれば、ページを参考に探してもらうのもおすすめです。

 

100均「レジャーシート」にポケモンやすみっこぐらしなどキャラクター柄はある?

ダイソー、セリア、キャンドゥではキャラクターを使った「レジャーシート」も多数扱っています。筆者が見かけたことがあるのは、ディズニーの人気キャラクター、ポケモンやすみっこぐらしなどなど。ほかにもコカ・コーラといったよく知られる企業とのコラボアイテムもあるので、好きなキャラクターやブランドがあれば探してみるのも◎

 

■【100均】ダイソーの100円「レジャーシート ボタニカル」をおすすめしたい!

100均の中でもダイソーの「レジャーシート ボタニカル」は110円(税込)がイチオシ。安価でいろいろな場面で使えています。撥水性やコンパクトな長所を「どこで使えるのかな」と考えてみるのもおすすめです。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。