ヱビスビールだからこそ生み出せた、本場ドイツ1000年の味わいとは?
 

本場ハラタウ地方の特別なホップを

7

 

1890年の誕生以降、日本ビールをけん引し続けてきた「ヱビスビール」。 本場ドイツの味わいと歴史を独自の製法で130年以上伝えてきました。
そんなヱビスビールの新商品、 ドイツ農場との深い繋がりが感じられるビール「ヱビス ホップテロワール」が2021年11月24日発売されます。
 
7

 

「ヱビス ホップテロワール」は、1000年以上の歴史を持つホップの名産地ドイツ・バイエルン州ハラタウ地方のアロマホップ、「ハラタウトラディション」を使用。
豊かな香りと心地よいしっかりとした苦みが特徴の正統派ホップで、130年もの間、ドイツ農場との繋がりを大事に育んできたヱビスだからこそできる特別なビールなのです。

 

本物の美味しさを知る

1

 

2021年、ヱビスは「Color Your Time!ービールの楽しさ、もっと多彩に」というコンセプトのもと、ビール時間の楽しさを世に伝える様々な活動を行っています。
これまでは、ビールはただ単純に「うまい!」ものとして人々に認知されてきましたが、
新商品「ヱビス ホップテロワール」では原料のホップや生産されている農場に焦点を当てていて、モノ造りの背景にある『物語』も一緒に楽しむことができるのです。

さぁ、ヱビスの新商品「ヱビス ホップテロワール」で本物の美味しさをお試しあれ。

 
9

■商品概要
商品名:ヱビス ホップテロワール
酒類品目:ビール 品種:缶350ml 6缶パック
原材料:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
アルコール度数:5%

▼▼詳しくは公式HPをチェック▼▼



提供:サッポロビール株式会社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。