「ラナイ」とは、ハワイの建築用語で、家の外に面したスペースを屋根で覆った半戸外空間のことをいいます。つまり、インドアとアウトドアそれぞれの心地よさを融合させる潤いスペースというわけです。くつろぎ空間に隣接した庭やバルコニーを室内と一体化させ、家に居ながらひかりや風、四季の移ろいなど、自然の中のリラクゼーションを味わえる「ラナイ」。その魅力をご紹介します。
 

暮らしの延長上にあるアウトドアリビング「ラナイ」

三井ホーム
三井ホーム

 

インドアとアウトドアの境界をフラットな床面でつなげ、リビングの一部に自然が広がっているように感じるアウトドアリビングの「ラナイ」です。リビングとヌックの両方につながっているので、リビングから「ラナイ」へ、ヌックから「ラナイ」へ、そしてそのまま戸外へ。暮らしの延長上に自然が広がります。この2部屋に囲まれた半戸外空間は、隣地との境に植栽やウッドフェンスを設けることでプライバシーも確保しやすくとても実用的。キッチンにも近いので、お天気の良い日は外ご飯を楽しんだり、プランターでのガーデニングにも最適。また、家事や仕事の合間のお昼寝にも最高の居場所になります。家族で、あるいは一人で自然とつながる自由が存分に満喫できます。
 

屋根勾配がほどよいこもり感を生む「コージーラナイ」

三井ホーム

 

トップライトのある屋根勾配を利用して周囲の視線に配慮した、明るく居心地の良い半戸外空間です。テレワークの合間のデジタルデトックスの場としてくつろいだり、休日にはゆったりと読書や夕涼みをしながらお酒を楽しんだり。また、ランドリーに隣接させればコンパクトな動線で、人目を気にせずに外干しもできるなど、このこもり感のある「コージーラナイ」は、暮らしにゆとりと楽しさをもたらしてくれるといえましょう。
 

縦空間を生かした2層吹き抜けの「ダイナミックラナイ」

三井ホーム

 

テレワークが進み、住まいに広さや自然環境を求めて郊外生活を望む人も増えているようです。敷地に余裕があればぜひお勧めしたいのがこの「ダイナミックラナイ」。屋根のかかった2層吹き抜けで、縦にも横にも開放的な半戸外空間です。キッチンに隣接しながら、屋外でも本格的な調理ができるアウトドアキッチンも設けてありますので、調理の下準備や後片付けの動線もスムーズ。内外一体で、食を通して人が集える自由で楽しいコミュニケーションスペースになります。朝昼晩いつでも気軽にこの開放空間を使いこなしてみてはいかがでしょう。
 

ひかりとゆとりと暮らす。空も住まいの一部にする「スカイラナイ」

三井ホーム
三井ホーム
テレワークやリモート学習のためのワーキングスペースとLDKがひとつづきになっている2階中心の暮らしに「スカイラナイ」をつなげました。2階なので、外からの視線を感じることなくくつろげるとともに、室内に広がりと開放感を与えてくれるプライベートバルコニーです。2面の窓を開け放つと、家中にひかりと風が巡り、空を近くに感じながら、自然の心地よさを満喫できます。テレワークの合間のちょっと一息タイムや休日のバーベキューパーティー、あるいは、夜空を眺めながらゆっくりワインを楽しむなど、人目を気にせずに、家にいながらいつでもリゾート気分が味わえます。お気に入りのベンチやテーブルなどおしゃれなガーデンファニチャーをセットして、素敵なアウトドアリビングをコーディネートしてみてはいかがでしょう。

“おうち時間”が長くなった今、住まいに求められるニーズも多様化しています。テレワーク、オンライン学習、フィットネス、レクリエーション。これまで家の外で行ってきたことが家庭に入ってきて、室内環境の役割が増えてきています。そうした中、室内と自然をボーダレスでつなぐ「ラナイ」の役割はとても有意義になってきます。ゆとりと開放感に包まれた心地よい「ラナイ」空間を、ぜひ、モデルハウスで体感してみてください。

ー暮らしの四季を、綴る家ー ラングレー
ー伝統美と機能美が織りなす、新しいクラシックデザインー ラセーヌ
ーひかりとゆとりと暮らす、スカイラナイの家ー ルーカス

※「&Stories by MitsuiHome」の情報を元に編集しました。

<関連サイト>
楽しめる!モデルハウスに行ってみよう
三井ホームのデジタル住宅展示場「MITSUI HOME WORLD」
無料カタログ請求
上質な暮らしの事例集「&Stories」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。