ニューノーマルライフにおいて、住まいに求めることは?

新型コロナウィルスの感染拡大を機に、私たちの暮らしは大きく変化しました。Withコロナ時代のニューノーマルライフで生じた変化は主に3つが挙げられ、同時に、住まいに求めることも変化しています。

■在宅勤務(テレワーク)の増加
三井ホーム

 

感染リスクを減少するため、出社や取引先への訪問などは極力避け、在宅勤務やテレワークが推奨されるようになりました。共働き家庭が多い現在、夫婦ともに自宅でテレワークを行ったり、さらに子供のオンライン学習も同時進行するケースがあることから、多様なワークスペースが求められるようになっています。

■外出や旅行の機会が減少
三井ホーム

 

密を避け、生活圏外への移動を控える必要性から、外出や旅行の機会が減少し、自宅で過ごす時間が長くなっています。家に居ながら自然を感じて過ごしたいという希望から、ベランダやバルコニーなど半戸外スペースや、庭をもっと暮らしの中で活かしたいと考える人が増えています。

■健康意識の高まり
三井ホーム

 

家の中にウィルスを持ち込まないために、帰宅後のうがい・手洗いは必須になりました。さらに、外出時に着た衣類やバッグがしまえる玄関収納や、抗菌や抗ウィルス建材の使用、タッチレス設備に対するニーズが高まっています。
 

リビング・ダイニングはシームレスな空間づくりを

三井ホーム

 

テレワークの増加や外出機会の減少など、ニューノーマルライフでは、家族の“おうち時間”がこれまで以上に長くなる傾向にあります。住まいの中でも、家族が集まり食事や団らんを楽しむリビング・ダイニングは、おうち時間が快適かどうかを左右する空間といえます。

これから住宅の建築や購入、リフォームを検討されるなら、家族のプライバシーを確保しつつ気配が感じられるシームレスな間取りをおすすめします。例えば、住まいの中心であるリビング・ダイニングと、ベランダなどの半戸外空間、ワークスペース、キッチンなどを壁やドアでしっかりと区切らず、ゆるやかに繋げる間取りにすれば、家族全員が居心地良く過ごせるでしょう。
 

ワーク&ライフの両面を充実させる住宅が登場

三井ホームは、これからのニューノーマルライフを見据え、ワーク&ライフの両面を充実させる空間提案を盛り込んだ新商品「Lascène(ラセーヌ)」を発表しました。

リビング・ダイニングは、天井高約3mの大空間「グレートルーム」を提案。空間の中心に据えたダイニング兼用のワークテーブルは、家族の団らんや壁かけモニターを利用してのオンライン学習など、多目的な利用が可能です。
三井ホーム

フレンチヘリンボーン貼りの床が印象的な大空間「グレートルーム」。


「グレートルーム」は、大開口サッシで半戸外空間「ダイナミックラナイ」とフラットにつながっています。サッシ手前のスペースには、建築にグリーンなどの自然を取り込むバイオフィリックデザインを採用。室内に居ながら、いつでも屋外の自然を感じることができリビング・ダイニングとしています。
三井ホーム

「ラセーヌ」のモデルプラン。グレートルーム、ダイナミックラナイ、ワークカウンターがシームレスにつながる間取りです。

 

多目的に利用できる半戸外空間「ラナイ」

「ラセーヌ」は、2種類の新しいタイプのラナイを提案しています。ラナイとはハワイで半屋外空間を意味し、自然を感じながら読書や趣味、テレワークなど、ニューノーマルライフの多様な過ごし方に対応するスペースとなるでしょう。

「ダイナミックラナイ」は、高さ5m超、2層吹き抜けの圧倒的な開放感があるスペースです。アウトドアキッチンで本格的なバーベキューを楽しめますし、室内のキッチンと隣接しているため下準備や後片付けの導線もスムーズ。朝昼晩、そしてテレワークの息抜きに使用すれば、おうち時間をより充実できます。
三井ホーム

「ダイナミックラナイ」は、食を通して人が集える、自由で楽しいコミュニケーションスペース。


屋根勾配を利用した「コージーラナイ」は、周囲の目線に配慮した明るく居心地のよいスペースです。ほどよいこもり感と明るい空間が居心地の良さと安心感を生み、家族の憩いの場となります。
三井ホーム

「コージーラナイ」はランドリーに隣接。コンパクトな動線で、人目を気にせず外干しができます。

 

多彩なワークスペースでON/OFFを切り替えやすく

「ラセーヌ」は、家族の仕事や暮らしに合うように、多彩なワークスペースを提案しています。例えば、リビング・ダイニング内には、ワークテーブルやワークカウンターを複数配置。適度な距離感を保ちながら、在宅ワークやオンライン学習に対応できます。
三井ホーム

窓辺に設けられたワークカウンターは、天窓と大開口から光が入る明るいワークスペース。


仕事とプライベートのON/OFFを切り替えやすいように、独立型の「ワークスタジオ」を玄関横のスペースに配置しました。独立性を保ちながら、閉塞感が無く仕事ができるよう、間仕切りはガラス仕様に。明るく、かつ集中できるワークスペースになりました。
三井ホーム

「ワークスタジオ」の壁面にはディスプレイラックが設置されているので、Web会議の際に映り込みが気になりません。


家の各所にワークスペースを設けても、冬は寒くて夏は暑いと仕事や勉強がはかどらず、次第に使われないスペースになるでしょう。「ラセーヌ」は、三井ホームオリジナルの全館空調システムを採用。家中のどこでも快適に過ごせる空気環境があるからこそ、多彩なワークスペースが実現できるのです。
 

健康的な暮らしをサポートするウェルネス仕様

健康への意識が高いニューノーマルライフに対応するため、「ラセーヌ」では、玄関近くに「クリーンクローク」を配置しています。クローク内部は壁面をヒノキ仕上げとし、天井面に微粒子イオン発生機を設置。タッチレス式水栓・スイッチを備えた手洗い器も設けるなど、室内にウィルスを持ち込まない工夫が施されています。

家中の温度を一定に保つ全館空調システムは、空気清浄機能や高性能フィルターも搭載。一年を通してきれいな空気を提供し、家族の健康的な暮らしをサポートします。
三井ホーム
 

新しいワークスタイルや家族の暮らしに合う住まいを

コロナ禍を機にテレワークやオンライン学習が定着しつつありますが、頻度や内容は企業・学校により様々です。ただ、テレワークを導入できない職種・仕事に就く人もいるため、今後、人々のワークスタイルはさらに多様化することが予想されます。

また、在宅時間が長くなったことで、家族の繋がりが強くなったと考える人は多いでしょう。一方で、家族間の適切な距離感や、それぞれが過ごすスペースを重視したいと考える人も増えています。いずれにしても家族との暮らしを楽しく快適なものにしたいという思いから、室内外に複数の居場所をつくり、場所とらわれずに食事や仕事をするという“過ごし方のボーダーレス化“が進んでいくでしょう。

新しいワークスタイルや家族の暮らしに合う住まいをつくり、ワーク&ライフの両面が充実した豊かな暮らしを実現してください。

<関連サイト>
Lascène(ラセーヌ) | 三井ホーム
楽しめる!モデルハウスに行ってみよう
三井ホームのデジタル住宅展示場「MITSUI HOME WORLD」
無料カタログ請求
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。