完全ワイヤレスイヤホンが人気ですが、製品はAppleの「AirPods」だけではありません。AirPodsよりも安価で魅力的な製品はたくさんあり、よりどりみどりです。しかし、逆に、お気に入りの1台を見つけるのも難しいもの。

今回は、1万円以下で購入できるコストパフォーマンスが優秀な完全ワイヤレスイヤホン製品の中から、総合家電アドバイザーの資格を持ち、All Aboutの家電アワード審査員も務める専門家の筆者が、おすすめ「ベスト5」をご紹介。高音質に加え、個性も楽しめる品を厳選しました!
 

オーディオテクニカ ATH-SQ1TW 【ポップなデザインがカワイイ】

ATH-SQ1TW(画像はプレスリリースより)

オーディオテクニカ ATH-SQ1TW(画像はプレスリリースより)

スクエアと基調としたポップなデザインが目を惹く個性派。カラーバリエーションも豊富で、好みやファッションに応じて選べるのもポイントです。超コンパクトなイヤホン本体と充電ケースも特徴で、女性を中心に小耳の方にも適します。

音質は小さからは想像できないほど豊かな低域とクリアなボーカルが絶品。専門家の筆者も納得の高音質で、幅広い方におすすめできます。コンパクトですが、再生時間もイヤホン単体で最大6.5時間、充電ケース併用で同19.5時間と日常使いには充分。特にコンパクトさとデザインを重視する方にピッタリの1台です。
   

GLIDiC Sound Air TW-4000 【小耳でも快適な装着感】

GLIDiC Sound Air TW-4000(画像はプレスリリースより)

GLIDiC Sound Air TW-4000(画像はプレスリリースより)

コンパクトさを重視し、柔らかな雰囲気のデザインとカラーリングなど、女性の小物を強く意識した個性派です。最大の特徴は、カスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修による独自の形状。実際に装着しても、一般的な製品とは一味違うフィット感の良さに感心します。イヤホンの装着を負担に感じたり、耳に違和感を覚えた経験のある方なら、本製品を試着してみる価値はあるはずです。また、音質も本格派。超小型ながら低音も高品位で、リズム感と躍動感に溢れる心地よいサウンドを楽しむことができます。

スマホから探せる「tile」機能を搭載しているので、部屋の中やカバンの中で見つからない時も音でお知らせ。コンパクトな完全ワイヤレスイヤホンで嬉しい機能美といえます。
   

ag COTSUBU 【ファッション性とサウンドクオリティーを両立】

ag COTSUBU(画像はプレスリリースより)

ag COTSUBU(画像はプレスリリースより)

ネーミングの通り「小粒」を意識した、イヤホン片側が3.5gの軽量設計が特徴です。カラーバリエーションはやさしいパステル調を含め全部で7色と豊富。表面のストーン仕上げと呼ばれるザラッとした感触も個性的で、質感が良く、皮脂も目立ちづらく、また滑りにくいなど、美観と実用性を兼備しています。

音質面では、iPhoneと相性の良いAACコーデックや、Androidスマホとの組み合わせで高音質を発揮するaptXコーデックにも対応。さらに、サウンドはオーディオブランド「final」が監修と特別な高音質仕様。ファッションアイテム的な出で立ちながら、音楽も本気で楽しめる逸品です。
   

Soundpeats Sonic Pro 【ガジェットファン注目の超ハイスペック】

Soundpeats Sonic Pro(画像はプレスリリースより)

Soundpeats Sonic Pro(画像はプレスリリースより)

サウンドピーツは中国を拠点とする高コスパで定評のあるブランド。本製品はこの価格帯としては異例の、比較的高価とされるバランスドアーマチュアドライバーを贅沢に2基使用した意欲作。クアルコム製SoC「QCC3040」による最新の音が途切れにくく高音質で、ゲームプレイ時は低遅延モードに切り替わる「aptX Adaptive」コーデックも利用できるなど、ガジェットファンも納得のハイスペックが特徴です。

実際のサウンドも、この価格帯としては驚くべきクオリティー。バランスドアーマチュアドライバーの繊細な表現力が持ち味で、ボーカルの滑らかさも圧巻です。
   

ヤマハ TW-E3B 【耳にやさしい高音質】

ヤマハ TW-E3B(画像はプレスリリースより)

ヤマハ TW-E3B(画像はプレスリリースより)

楽器やオーディオ機器で有名なヤマハの完全ワイヤレスイヤホン。イヤホン外側にあしらわれたヤマハのロゴマークが誇らしげ。特徴は、独自技術で聴覚をいたわる「リスニングケア」。音量が小さい時に低域と高域が聴こえにくくなる人間の聴覚特性や、リスニング環境で変化する聴こえ方に注目し、音量に合わせて周波数特性を最適化。自然で聴こえやすくし、音量を過度に上げずに済むことで、聴覚の負担を低減する狙いです。

高音質で定評のあるaptXコーデックとiPhoneと相性の良いAACにも対応し、ヤマハならではの高音質でジャンルを選ばず音楽を存分に楽しめる1台です。
 
【おすすめ記事】
6000円以下で買えるコスパ優秀完全ワイヤレスイヤホン5選! 専門家がおすすめを厳選
【家電アワード2020】自宅のエンタメ度をアップして楽しむ!
イヤホンを簡易スピーカー化して音楽を聴く方法

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。