40代以上の女性が避けたい、夏のNGワンピースとは

大人がワンピースを着る時に気を付けたいポイントは!?

大人がワンピースを着る時に気を付けたいポイントは!?

一枚でコーデが決まり、おしゃれ見えする上に涼しく着られるワンピースは夏の必須アイテム。ですが、デザインの選択肢がとても多いため、その中には大人の女性が着ると、スタイルが悪く見えたり、若作りに見えてしまったりとできれば避けたほうがいいワンピースも存在します。今回はそんな40代の女性が避けたほうがいいNGワンピースについてご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。
 

胸下の切り替えデザインはほっこり見えてしまうかも

【OKコーデ】シンプルなワンピースでも生地に光沢感があるとぐっと大人に 出典:WEAR

【OKコーデ】切り替えがハイウエストの位置だと脚長効果も期待できます 出典:WEAR

カシュクールタイプや、シンプルな切り替えなど、胸の下すぐの位置にラインが入っているワンピースは、大人の女性にはあまりおすすめできないデザインです。胸の下から広がるようなデザインは、ほっこりして見えやすく、マタニティワンピースのように見えることも。

また、胸の下に切り替えがあるということは、背中側の切り替えも同じ位置に入っている場合が多いのですが、背中からすとんと生地が落ちていて、ヒップの部分が不自然に丸くぽこっと浮いて出るため、目立ってしまったり、部屋着のように気が抜けた見え方になってしまうケースも。

切り替えが入っているデザインは、なるべく胸の下ではなく、ウエスト位置、またはハイウエスト気味なものを選ぶのがおすすめ。写真のように腰の位置に合わせて切り替えが入っていると、脚も長く見えますし、ヒップの部分もスカート部分ときれいに馴染むため、見た目もスマートです。
 

部屋着に見えやすいカットソーワンピースは要注意

【OKコーデ】ラフに見えやすいTシャツワンピは小物やレイヤードで差をつけて 出典:WEAR

【OKコーデ】ラフに見えやすいTシャツワンピは小物やレイヤードで差をつけて 出典:WEAR

半袖やノースリーブのTシャツをそのままのばしたようなデザインのワンピースは、毎年夏になると登場しますよね。

ガンガン洗えて、着心地もよく、使い勝手もいいのですが、やはりもともとTシャツに使われる生地のため、大人の女性がそのまま着ると、子供っぽく見えてしまったり、チグハグな雰囲気になってしまうことも多いです。

シンプルなTシャツワンピースを選ぶ時は、なるべくカジュアルにならないようシックな色を選ぶのがおすすめ。生地にもこだわり、少し光沢感のあるものなどを選ぶと、それだけでおしゃれ度もアップします。さらに写真のようにミニバッグやサンダルなど小物で統一感を出して、幼くならないようにまとめてみてくださいね。
 

小花柄はレトロさ、ガーリーさが強いものは避けて

【OKコーデ】ベースの色がシックなワンピースは上品に着られます 出典:WEAR

【OKコーデ】ベースの色がシックなワンピースは上品に着られます 出典:WEAR

根強い人気のある「小花柄」。ですが、少女のようなガーリーさやレトロなイメージも強いので、年々選び方が難しくなっていくアイテムでもあります。

小花柄のワンピースも人気が高いのですが、フェミニンなシルエットと「小花柄」の相乗効果で、甘く、可愛らしい雰囲気になりやすいという面も。そのため、大人の女性が着る場合、ワンピースが浮いて見えてしまったり、ミスマッチになってしまうことも起こり得ます。

大人の女性が小花柄をおしゃれに、洗練された印象で着たい時は、白やパステルカラーなど、ベースの色が淡いものは避けて。また、小花柄もピンクや赤、黄色など、ラブリーな印象のものは避けたほうが無難です。

おすすめは、ブラックやネイビーなど引き締め効果のあるカラーの上に、カラフルすぎない配色の小花柄が入っている写真のようなデザイン。大人の女性もおしゃれに着られますし、コーデの幅も広がります。
 

体型が丸く大きく見えるシルエットはNG

【OKコーデ】シャツワンピースはすらっと見せてくれるので一押し 出典:WEAR

【OKコーデ】シャツワンピースはすらっと見せてくれるので一押し 出典:WEAR

締め付けがなく楽チンで、あまりサイズも気にせず着られるのがワンピースのいいところ。あまりボディラインを出したくない大人の女性にも嬉しいアイテムですよね。

ですが、ゆったりしているがゆえ、中には体型を大きく、丸く見せてしまうワンピースも……。特に、大きめサイズ、かつ膨張色などぼんやりして見えやすい配色、シワ加工などの広がって見えやすい素材、かぶるだけのメリハリがないデザイン、などの要素が組み合わさるとおしゃれ見えとは遠くなってしまうことも。

着た時に体型が丸く見えたり、大きく見えたりするワンピースは避けて、なるべくさらっと見えるデザインを選ぶのがおすすめ。例えば写真のようなシャツワンピースや、ウエストに調整できるベルトが付いているようなデザインなら、ディテールの直線的なデザインがすらっと見せてくれるので、大人の女性でも取り入れやすく、程よいきちんと感もあって一押しです。

ワンピースは面積が大きいため、同じデザインでも身長や肩の厚みなどその人の体型によってイメージが変わることも多いので、必ず試着をして確認するのがポイントです。

ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。