ミズナラ新樽12年超の長熟モルト原酒をブレンド

 
山崎LIMITED EDITION2021

山崎LIMITED EDITION2021

 「シングルモルトウイスキー山崎LIMITED EDITION 2021」(700ml・43%・¥8,000税別希望小売価格)が先日5月25日(火)に数量限定発売された。
 とくに父の日や中元シーズンに向けてのギフト市場で注目を浴びることになるだろうが、香味としてはとても好感がもてる。長年にわたり「山崎」を愛飲してこられたウイスキーファンの方たちも満足される重層感のある味わいといえよう。
 構成原酒としてキーモルトの役割を担っているのがミズナラ樽熟成モルト原酒。それも新樽で12年以上熟成させたモルトをブレンドしている。
 昨年『いま、バーでおすすめシングルモルトウイスキー・後編』で紹介したミズナラ樽熟成モルトのみで仕上げた「山崎ミズナラ2020 EDITION」とは、まったく異なるものである。今回の2021は、山崎蒸溜所の個性にあふれた多彩なモルト原酒に、ミズナラ新樽熟成モルトが新鮮な煌めきをもたらしている。
 サントリーのブレンデッドウイスキー「響」やシングルモルト「山崎」にはミズナラ樽熟成モルトがブレンドされていることはご存知であろう。正直にいえば、ちょっと危惧するところがあった。
 新樽で12年以上の熟成は木香が強く出過ぎていて、扱いが厄介なのではなかろうか。他の香味特性を抱いたモルトとブレンドされることで強い香りは押さえ込むことはできたとしても、後味に嫌な苦味とか表出しないのだろうか。通常、長期熟成させるモルトは、一度あるいは二度ほど熟成に使用した樽を使う。つまり、新樽12年は“クセが強い”のではなかろうか、との想いがあった。
 

なめらかなクリーミーな甘み、ふくらみのある果実味

 ところがテイスティングしてみると、とても綺麗で滑らかなのである。香りにはパイナップルのような柔らかいふくらみのある果実味、甘さがある。それとともに口に含んだときのクリーミーさを予感させる。
 口にするとクリーミーさ、ハチミツ様の甘さが印象的で、おそらくこのクリーミーさは、ミズナラ新樽熟成モルトがもたらすものであろう。そしてフルーティーさもあれば、ほどよいベリー系の酸味もある。
 後味も悪くない。伸びやかな甘み、そしてスパイシーさがほんのりと登場したなかに、密やかにスモーキーさが感じられる。これはミズナラ新樽熟成モルトがもたらすニュアンスなのであろう。
 なかなかに味わい深く、華やかで芳醇な気品のある「山崎」ならではの逸品といえよう。

 
  

 

[シングルモルトウイスキー山崎 LIMITED EDITION 2021]
700ml・43%・¥8,000(税別希望小売価格)
Tasting Notes
色   琥珀色
香り  パイナップル、オレンジ、ナツメグ
味わい ハチミツ、ココナッツクリーム、ブルーベリー
余韻  バニラ、ジンジャー、かすかなスモーキー
 

関連記事

いま、バーでおすすめのシングルモルトウイスキー・後編
いま、バーでおすすめのシングルモルトウイスキー・前篇
碧Ao&響BLENDER’S CHOICEの味わい
「響」30周年を2019年歳末に祝う
山崎蒸溜所90周年(1)/谷崎文学と山崎
山崎蒸溜所90周年(2)/伊勢物語と山崎
4回神ががかり的なミズナラ樽熟成原酒
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。