Windows 10のPC間でファイル共有をしたいと思ったことはないでしょうか。ここでは、Aコンピュータの「kyouyuu01」フォルダに入れたファイルをBコンピュータからパスワードなしで、誰でもアクセスできるようにします。

なお、手順は本記事で述べる順番通りに設定を進めてください。順番が異なるとうまく行かないことがあります。既存のフォルダも共有できますが、もしできない時は本記事のように新規に作成してみてください。

【目次】
Windows 10のネットワークを設定する
共有フォルダの作成
作成したフォルダに共有の設定を行う
AコンピュータのIPアドレスを調査する
Bコンピュータからアクセスする
ショートカットの作成
 

Windows 10のネットワークを設定する

まずはファイル(フォルダ)を共有するために、Windowsの設定を確認します。説明は図版のキャプションを参照してください。対象のコンピュータはAコンピュータですが、設定を終えたらBコンピュータも同様に設定してください。
設定

▲「スタートボタン」→「設定」を選択

設定

▲「ネットワークとインターネット」を選択

設定

▲「ネットワークの状態」が図のように「プライベートネットワーク」になっているか確認。「パブリックネットワーク」になっている場合は、左下の「プロパティ」ボタンを押して変更する

「ネットワークと共有センター」を選択

▲「ネットワークと共有センター」を選択

左ペインから「共有の詳細設定の変更」を選択

▲左ペインから「共有の詳細設定の変更」を選択

図のように「ネットワーク探索を有効にする」と「ファイルとプリンターの共有を有効にする」が有効になっているかを確認

▲図のように「ネットワーク探索を有効にする」と「ファイルとプリンターの共有を有効にする」が有効になっているかを確認

「すべてのネットワーク」をvボタンで展開し「128ビット暗号化~」と「パスワード保護共有を無効にする」が有効になっているかを確認

▲「すべてのネットワーク」をvボタンで展開し「128ビット暗号化~」と「パスワード保護共有を無効にする」が有効になっているかを確認

これでWindows 10の設定は終了です。設定を変更した場合は、「変更の保存」ボタンを忘れずに押して終了してください。
 

共有フォルダの作成

Aコンピュータのデスクトップに、共有したいファイルを入れるフォルダを作成します。作成したフォルダには共有したいファイルをコピーしておいてください。
デスクトップを右クリックして「新規作成」→「フォルダ」を選択

▲デスクトップを右クリックして「新規作成」→「フォルダ」を選択

「新しいフォルダ」と反転文字で表示されるので、覚えやすい名前を入力する

▲「新しいフォルダ」と反転文字で表示されるので、覚えやすい名前を入力する

ここでは、「kyouyuu01」とした。名前に漢字(2byte文字)を使うこともできるが、半角英数字(1byte文字)の方が、トラブルが少ない

▲ここでは、「kyouyuu01」とした。名前に漢字(2byte文字)を使うこともできるが、半角英数字(1byte文字)のほうがトラブルが少ない  

作成したフォルダに共有の設定を行う

作成したフォルダが誰でも共有できるように設定をします。
kyouyuu01フォルダを右クリックし「アクセスを許可する」→「特定のユーザー」を選択

▲kyouyuu01フォルダを右クリックし「アクセスを許可する」→「特定のユーザー」を選択

空欄の右にある[V]ボタンを押して「Everyone」を選択

▲空欄の右にある[V]ボタンを押して「Everyone」を選択

「追加」ボタンを押す

▲「追加」ボタンを押す

「共有」ボタンを押す。なお、上図の「読み取り▼」を「読み取り/書き込み」に変更することもできる

▲「共有」ボタンを押す。なお、上図の「読み取り▼」を「読み取り/書き込み」に変更することもできる

「終了」ボタンを押す

▲「終了」ボタンを押す  

以上で共有フォルダの設定は終了です。
 

AコンピュータのIPアドレスを調査する

後述のBコンピュータからアクセスしたとき、Aコンピュータのコンピュータ名が表示されればよいのですが、Windowsアップデートの関係で現状なかなか表示されないのが現状です。

そこで、BコンピュータからAコンピュータのIPアドレスでアクセスできるようにします。そのために、AコンピュータのIPアドレスを以下のようにして調査します。
「スタート」ボタン→「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」を選択し「ipconfig」と入力する。ここで、「IPv4」アドレスに表示されるIPアドレスをメモしておく。ここでは、図のように「192.168.11.32」となる

▲「スタート」ボタン→「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」を選択し「ipconfig」と入力する。ここで、「IPv4」アドレスに表示されるIPアドレスをメモしておく。ここでは、図のように「192.168.11.32」となっている。

Bコンピュータからアクセスする

いよいよAコンピュータに作成した共有フォルダ(kyouyuu01)にBコンピュータからアクセスしてみます。
Bコンピュータのスタートボタンを右クリックし「エクスプローラ」を選択

▲Bコンピュータのスタートボタンを右クリックし「エクスプローラ」を選択

左ペインから「ネットワーク」を選択

▲左ペインから「ネットワーク」を選択

ここで、Aコンピュータのコンピュータ名が表示されれば、それを選択

▲ここでAコンピュータのコンピュータ名が表示されれば、それを選択

「Users」を選択

▲「Users」を選択

ユーザ名を選択。本例の場合は、「satos」となっている

▲ユーザ名を選択。本例の場合は、「satos」となっている

デスクトップにフォルダ「kyouyuu01」を作成したので、「Desktop」を選択

▲デスクトップにフォルダ「kyouyuu01」を作成したので、「Desktop」を選択

先に作成した「kyouyuu01」を選択

▲先に作成した「kyouyuu01」を選択

これで、以下のように「kyouyuu01」にコピーしておいたファイルにアクセスできます。ここでは、「wdrv-1052」フォルダとwdrv-1052.exeを事前にコピーしてあります。
これでファイル共有ができた

▲これでファイル共有ができた 

ショートカットの作成

以後、アクセスするたびにIPアドレスを入力するのは大変なので、Bコンピュータのデスクトップにショートカットを作成しておきます。
Bコンピュータの図のフォルダをBコンピュータのデスクトップにドラッグする

▲Bコンピュータの図のフォルダをBコンピュータのデスクトップにドラッグする

これで、BコンピュータのデスクトップにAコンピュータkyouyuu01フォルダのショートカットが作成さます。以後は、このショートカットでアクセスしてください。
BコンピュータのデスクトップにAコンピュータのkyouyuu01フォルダのショートカットが作成される

▲BコンピュータのデスクトップにAコンピュータのkyouyuu01フォルダのショートカットが作成される

ただし、このショートカットは、AコンピュータのIPアドレスが変わってしまうとアクセスできません。しばしばアクセスできなくなる場合は、ルータの設定でAコンピュータのIPアドレスが固定されるようにしてください。ルータのDHCP関連の箇所に設定項目があります。


【おすすめ記事】
Windows 10の共有で他パソコンが表示されない時の対処法
共有フォルダにアクセスできない時の接続方法(Windows 10)
パソコンがWi-Fiに繋がらない・接続できないときのチェック項目11【Windows】
パソコンとプリンターを接続したい! 無線LAN(Wi-Fi)で接続する方法
Windows 10でBluetoothデバイスをペアリング(接続)する方法
 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。