男性は「ウエスト対ヒップ率が約0.7」の女性を魅力的に感じる?

ウエスト対ヒップのバランス

ウエスト対ヒップのバランス


男性が、女性の「やせたがり」を揶揄する言葉はたくさんあります。

「男は死にたくないからやせたいと思い、女は死んでもいいからやせようと思う」岩城宏之
「スリムとは60年代には神話、70年代には強迫観念、そして80年代には宗教になった」ロバータ・セイド
「今や都会の女達は『歩くX線』である」トム・ウルフ
などなど。 

必ずしも女性が男性のためにやせたいと思っているわけではないので、ダイエットガイドである私は、このような皮肉は男性の独り善がりであることを理解しています。

でも、ですよ、もし万が一男性に好かれようと思ってダイエットしようと考えている人がいたら、次のことはぜひ知っておいていただきたいと思います。

それは、多くの男性は「スリムな女性よりも、適度なメリハリのあるボディーラインを持つ女性に魅力を感じる」ということです。

かつてケンブリッジ大学のデベンドラ・シン博士が、世界の16の文化圏において、女性の体型に関する男性の嗜好を調査しました。

彼は三種類の体重(やせている、平均的、太っている)とウエスト対ヒップの割合が様々な女性のデッサン集を被験者の男性に見せ、どの女性に最も魅力を感じるか調査しました。

その結果分かったことは、男性が最も魅力を感じるのは、平均的な体重で、ウエスト対ヒップ率(ウエスト÷ヒップ)が0.7の女性。しかも、体重が軽くてウエスト対ヒップ率が大きい女性より、体重が重くてウエスト対ヒップ率が小さい(腰がくびれている)女性の方を概して好むことが分かりました。

次ページへつづく…