■業務スーパーの水とは?

業務スーパーで買える水

業務スーパーで買える水


毎日の生活の中で水は欠かすことができません。いざという時のためにも、水を確保している人も少なくないですよね。ただ毎日水を買って飲むとなると、気になるのがコストです。積み上がると相当な金額になるので、節約したい気持ちも出てきますよね。そんなときに役立つのは、やっぱり業務スーパー。激安の水が売られています。
 

業務スーパーの水、産地は?

株式会社神戸物産が販売

株式会社神戸物産が販売


業務スーパーで販売されていて筆者が買っているのは「甲州のおいしい水」です。南アルプスワインアンドビバレッジ株式会社が製造していて、株式会社神戸物産が販売しています。弱アルカリ性非加熱で容量は2L、採水地は山梨県笛吹市。鉱水と分類されています。
 
 

最強すぎるコスパ! 業務スーパーの水、種類とお値段は?

 
甲州のおいしい水

甲州のおいしい水


業務スーパーには天然水も売っています。お店の入り口に積み上げられていたりもして、存在感がある商品です。筆者が通っている業務スーパーでは「甲州のおいしい水」が売られていますが、他店では「飛騨の雫」や「やぶ百年水」などがあります。業務スーパーで扱う水の種類は、地域によって異なるので、統一されていないようです。
 

飛騨の雫がおすすめな訳は? コスパが最高!

2L入り

2L入り


筆者がよく利用している業務スーパーでは、「甲州のおいしい水」しか売っていません。そのため、水を買うときにはこればかりというのが正直なところ。でも買い続けているのには訳があって、やはりその安さです。2Lで72円(税込)は、筆者が知っている中で最も安い価格です。

500mlあたりの価格は約18円なので、「なんなら500mlのミネラルウォーターよりも安いのでは?」と思ってしまうくらいの低価格です。
業務スーパーでは水を箱買いする人を見かけることがあるので、コスパの良さは有名なのかもしれません。
 

業務スーパーの水、賞味期限は?

 
賞味期限

賞味期限は約2年と長い


筆者が2021年3月23日に購入した時点での賞味期限は、2023年2月1日です。
 

業務スーパーの水は、通販で買える?

業務スーパーで売られている水は、通販では買えないようです。筆者もネットで調べたのですが、通販サイトが見つかりませんでした。
 

■業務スーパーの水はどんな味?

 
特にクセはない

特にクセはない


業務スーパーの水は、特にクセがなく飲みやすいと感じました。スーパーで売られている有名ブランドの天然水と変わらないと思います。ちなみに筆者は、海外のミネラルウォーターは苦手で、国内のものであれば美味しく飲むことができています。
 

家族の評判も上々!

 
家族の評価も高い

家族の評価も高い



筆者は夫と子どもが2人いて、それぞれに水を飲んでもらいました。普段から浄水器を通した水を飲んでいる家族にとっても、特に違和感ない水のようです。また子どもは有名メーカーのミネラルウォーターを買うことも多いのですが、遜色はないとのことでした。
 

■業務スーパーの水についてまとめ

美味しさ…★★★★☆
コスパ……★★★★★

業務スーパーの水は、お店によって扱う商品が違います。でも、採水地は国内なので、その点は安心でしょう。もちろん2Lで70円程度なので、コスパは申し分ありません。賞味期限も2年ほどあるので、ローリングストック(常に一定量の食料を家に備蓄しておき、日常生活で消費しながら備蓄すること)のアイテムの1つに入れておくのもおすすめです。

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。