ベジタリアンなのに太っている人を見たことがありますか?多分ないはずです。ベジタリアンの食事は動物性脂肪の摂取が少ない(時にない)ため、マドンナやカールルイスのようにマッチョにはなれても、肥満になるのはかなりの努力が必要なのです。

そこで今回はこれらベジタリアンの食事をアレンジして、非常にシンプルで効果抜群!おまけに体臭も減って、お肌ツルツル!便秘解消!大腸ガンにもなりにくい!この夏一押しのダイエット法を紹介します。その名も「なんちゃってベジタリアンDiet!」(名前はベタベタですが…)。

やることは極めてシンプルです。「肉(牛、豚、鳥)を食べない」これだけ。魚、卵、乳製品は食べてもOKです(参考:多くのベジタリアンは卵や乳製品を食べます)。

で、なぜ肉を食べないとやせるのかを説明すると、脂肪の摂取量が極端に減るからです。私たちはよく肉はたんぱく質が多いと教えられますが、本当のところは肉はさらに脂肪を多く含んでいます。たとえば、和牛のかたロース100gにはたんぱく質が13.8g入っていますが、脂肪はその2倍以上の37.4g入っています。ステーキなどで食べるサーロインにはタンパク質が11.7g入っていますが、脂肪はその4倍以上の47.5g入っているのです(五訂日本食品成分表)。ですから肉を食べないだけで、かなりの脂肪の摂取を抑えることができるというわけです。

また、このダイエット法は肉を食べない分だけ、自然に穀物や野菜、果物を食べるようになり、ビタミンや食物繊維、ミネラルの摂取量が多くなる特徴があります。さらに、動物性脂肪の摂取が減るために汗の嫌なニオイの元である脂肪酸の分泌が少なくなり、体臭も減ります。そしてお気づきの方もいらっしゃると思いますがこのダイエット法は「穀物と豆と魚」を中心にする日本型食生活に通ずるものがあり、ダイエットだけでなく健康的な食生活になるというメリットもあるんです。

さらに具体的なお話は…次ページへ

※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。