外観(エクステリア)

箱型の建物に、丸窓や格子のアクセント
三井ホーム

 

シャープな輪郭で確かな存在感を発揮するH邸。シンプルなスクエアの形状に木質の格子や丸窓を組み合わせ、印象的な外観に仕上げました。角地にあるため、窓は外から室内が見えにくいように巧みに配置しています。
三井ホーム

 

塀の一部は植栽のスペースに活用。白壁を背景にオリーブなどの常緑樹と草花を植えて3階建ての圧迫感を和らげ、彩りを添えました。
 

内観(インテリア)

【リビング】
木の質感を生かしたナチュラルモダン
三井ホーム

 

南側のバルコニーに面したテラス窓から明るい自然光が差し込む2階のリビング。床には無垢挽板材を張り、天井面に同系色のピーリング材を巡らせて間接照明を設置。ナチュラルモダンな雰囲気に整えました。
三井ホーム

 

木の質感が強調され、陽だまりのなかにぬくもりが漂う室内。天井高2m60cmと縦方向の広がりもあり、ゆったりくつろげるリビングとなりました。
三井ホーム

 

【ダイニングキッチン】
開放感のあるオープンダイニング
三井ホーム

 

2階は全館空調を採用する事で通路部分も居室に取り込み広々とした間取りに。ダイニングは、リビングやキッチンとひと続きの空間です。天井はフラットに連続しており、照明器具もシンプルにすることによって、視覚的にもすっきりとした空間に。キッチンの面材も、内装のクロスと色調を合わせて一体感のある仕上がりとなっています。

キッチン横の濃茶色の框戸の奥はユーティリティ。ここには洗濯機も置かれ、リビング横のバルコニーで干すという洗濯・物干しの動線がワンフロアでこなせます。

【キッチン】
3世代の会話が弾むキッチン
三井ホーム

 

キッチンの上部には吊り戸棚を設けず、オープンに。食卓との間には遮るものがなく、視線も声もよく通り、コミュニケーションもスムーズに楽しめます。食事の時間にはお母さまも加わり、3世代の交流を満喫。「調理や後片付けをしていても自然と会話に参加できます」と奥様も喜んでいます。ご主人やお母様が調理に参加しやすいよう、キッチンの通路幅は約90㎝確保しました。家族の生活の中心となる大事な場所です。

【丸窓のある主寝室】
自分たちの趣味を存分に生かした寝室
三井ホーム

 

3階は寝室、子ども室を配置した子世帯のためのフロア。「私たちは3階、母は1階と個室が分かれているので、お互いにプライバシーを守れるのがいいですね」と奥様。丸窓を配した主寝室は、夫婦のためのプライベートルーム。愛読書の本棚を設置したり、大好きなウイリアム・モリスのクロスを貼ったり、自分たちの趣味を思う存分、反映させています。
三井ホーム

 

ウォークインクロゼットも夫婦それぞれに設置。「アパレルショップのようなクロゼットにしたい」というご主人の要望も見事に実現しました。

【トイレ】
クロスを貼り分けて気分転換
三井ホーム

 

1階のトイレ、3階の寝室と廊下の一部には奥様のリクエストでウイリアム・モリスのクロスを選択。草花や樹木をモチーフとした装飾的なデザインによってシックな雰囲気でまとめました。気分を切り替えて、生活にメリハリをつけています。「3階には来客はありませんし、トイレは小さなスペースですから、内装で遊ぶのもいいですね」とご主人。

【玄関ホール】
収納を確保して土間がすっきり
三井ホーム

 

玄関ポーチと同じタイルを貼ることで、内外が連続した印象を与える玄関。白を基調にしたコーディネートで明るく清潔な仕上がりに。写真左手に見えるのはシューズクローク。靴の多い夫婦のために設けられました。普段使いの靴は土間のキャビネットに収納しています。おかげで土間はいつもすっきりと整えられ、お客様も気持ちよく迎え入れることができます。

■社員プロフィール:
Hさん:東京支店の営業職。妻と子ども2人、妻の母の5人家族。

<関連リンク>
三井ホーム社員の家
楽しめる!モデルハウスに行ってみよう
無料カタログ請求

※「三井ホーム社員の家(https://www.mitsuihome.co.jp/home/staff_works/)」の情報を元に編集しました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。