外観(エクステリア)

絶景を望むためのバルコニー
三井ホーム

 

山梨県の小高い丘の上に建つ2階建ての家。Sさんがこの家を建てたのは10年前です。

晴れた日には、富士山や南アルプスの山々を見晴らせる土地。「この景観を生かしたいと思い、
まずリビングとバルコニーのイメージができました」
    
100軒以上を見た経験が集約された家
三井ホーム
 
三井ホーム

 

以前は、設計管理部門に所属していたSさん。現在のように、お客様と接する機会はありませんでした。「でも、自分が仕事で関わった家は、勉強のためにできるだけ見に行っていました」。100軒以上を見た経験や知識が、今の住まいにも詰まっています。
 

内観(インテリア)

【2階のリビング】
視界を遮らない、広々としたリビング
三井ホーム
三井ホーム
三井ホーム

 

2階は、掃き出し窓でバルコニーとつながったリビング。座卓に座ると、ちょうど目線の高さに絶景が広がります。床はSさんが色や木目に惚れ込んだナラ材です。

こだわったのは「コンパクトな住まい」。その分、部屋を細かく仕切らず、広がりの感じられる空間をつくりました。ロフトへの階段も、鉄製のすっきりとした手すりで視界を遮りません。

【階段の窓】
階段も「過ごす」感覚の空間として
三井ホーム

 

ロフトへの階段を上ると、二連のFIX窓から、広い空と街の風景が見渡せます。

「階段や玄関をただ通り過ぎるだけの場所でなく、楽しく、気持ちよく『過ごす』場所にしたい」、そんな思いを持つSならではの設計です。

【家事動線の工夫】
家事動線を考えた間取り
三井ホーム

 

妻の家事動線が短くなるよう、洗面室、物干しスペース、クローゼットの位置にもこだわりました。

洗濯機から取り出した洗濯物は、目の前のデッキへ。屋根があるので雨の日も安心です。

【玄関と階段】
玄関は、家族との思い出を刻む場所
三井ホーム

 

光をたっぷり取り入れた玄関と階段は、四季の移ろいが感じられる場所。日々、お子さんたちの元気な声が響きます。
三井ホーム

 

また、2階へ続く階段ホールにも工夫が。縦長の窓や小窓はすりガラスになっていて、
採光、通風を可能にしつつ、窓を開けても隣の建物が見えないようになっています。

「日当たりがいいので、朝、ここに子どもと並んで座って、外を眺めながら歯を磨くこともあります」とSさん。
 

間取り

 
三井ホーム

1F

三井ホーム

2F

三井ホーム

3F


■社員プロフィール:
Sさん:中部西支店所属。一級建築士。妻と息子、娘の4人家族。ご夫婦共通の趣味はバドミントン、スキー。

<関連リンク>
三井ホーム社員の家
楽しめる!モデルハウスに行ってみよう
無料カタログ請求

※「三井ホーム社員の家(https://www.mitsuihome.co.jp/home/staff_works/)」の情報を元に編集しました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。