「山崎ピーテッドモルト」「山崎ミズナラ」の味わい

前ページにつづき、「山崎ピーテッドモルト」と「山崎ミズナラ」の2品を紹介しよう。

 
山崎ピーテッドモルト2020EDITION

山崎ピーテッドモルト2020EDITION

[シングルモルトウイスキー山崎ピーテッドモルト2020 EDITION]
700ml・48%。・¥11,000
このピーテッドモルトは「山崎18年」の構成原酒であり、少量で味わいに奥行きや複雑さを与える役割を担っている。麦芽乾燥時に、ピートを強めに焚いたピーテッド麦芽を使って蒸溜したニューメイクをバーボンの熟成に1度使用したバーレル(180~200リットル)やホッグスヘッド(230~250リットル)の樽に詰めて熟成させたモルトである。
この [2020 EDITION] にはスコッチにみられるような強烈な燻香、ピーティーさはなく、スモーキーな感覚は穏やかである。ところがノージングの時とは異なり、口中でスモーキーさがより鮮明に浮かび上がってくる。とても印象的である。独特のしなやかさは山崎ならではのものといえよう。
Tasting Notes
色   明るい黄金色
香り  スモーキー、ピーチ
味わい 柔らかさ、パイナップル、燻製
余韻  香ばしいピーティーな余韻がつづく

 
山崎ミズナラ2020EDITION

山崎ミズナラ2020EDITION

[シングルモルトウイスキー山崎ミズナラ2020 EDITION]
700ml・48%・¥30,000
サントリーが誇るミズナラ樽熟成モルト。戦前から新樽を製造していたのだが、大活躍となったのは戦後である。敗戦によりシェリー樽の入手が困難になったため、和樽と呼ばれたミズナラ樽が主役となった。
以来、今日までサントリーはミズナラ樽での熟成モルトを生みだしつづけている。長期熟成するほどに真価を発揮する特異なミズナラ樽での熟成は、スコッチのブレンダーも一目置くほどで、そのモルト原酒は白檀、伽羅といったオリエンタルな香味で世界的に名高い。
今回の [2020 EDITION] は非常に興味深い。これまでわたしの感覚では、ココナッツやマンダリンオレンジといった柑橘系のニュアンスがあったのだが、今回はクリーミーさがある。こういう感覚も生まれるのかと驚かされた。もちろん香木の印象も感じられる。
Tasting Notes
色   琥珀色
香り  華やかなトップノート、カスタードクリーム、シナモン
味わい 柔らかい口当たりと、香り高い口中香、伸びのある濃密な甘さ
余韻  香木を想わせる印象的な余韻
 

関連記事

いま、バーでおすすめシングルモルトウイスキー・前篇
碧Ao&響BLENDER’S CHOICEの味わい
「響」30周年を2019年歳末に祝う
山崎蒸溜所90周年(1)/谷崎文学と山崎
山崎蒸溜所90周年(2)/伊勢物語と山崎
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。