ミニチュア50mlをコレクションする人もいる


メーカーズマーク 350ml 200ml 50ml

メーカーズマーク 350ml 200ml 50ml

父の日に贈るウイスキーを、ハーフボトルや小瓶のセットにして、飲み比べを楽しんでいただこうという記事を以前に書いた。
ひとつは『父の日ウイスキー/スコッチ&バーボン飲み比べセット』で、350mlのハーフボトルを紹介した。そしてもうひとつ、『父の日酒/山崎・白州・知多・ROKU小瓶飲み比べ』では、180mlや200mlといった小瓶を紹介している。
さて、今回はワン・ブランドで容量の異なるものをすべて揃えてみてはどうだろ、というもの。コレクションとして楽しいし、部屋のディスプレイとしても面白い。
赤い封蝋のボトルトップでお馴染みのプレミアムバーボン「メーカーズマーク」は容量の異なるボトルが5種も揃っているのをご存知だろうか。
スタンダードボトルは700ml、45%、¥2,800(税別希望小売価格/以下同/アルコール度数もすべて45%)で、皆さん手にされたことがあるはずだ。その他に大容量のリッターボトル(1,000ml・¥4,000)があり、そしてなんと小容量のボトルが3種あるのだ。
まずは以前の記事でも紹介しているハーフボトル(350ml・¥1,500)がある。そしてその下に、小瓶サイズ(200ml・¥924/コンビニエンスストア限定品)があって、さらにもっと小さなサイズがある。
ミニチュアで、なんと50ml(¥540/PETボトル)という可愛らしさなのだ。
 

赤い封蝋の表情がそれぞれに異なる

 知人に、この「メーカーズマーク」のミニチュアのコレクターがいる。わたしなんぞ、飲むことしか考えていないから、なんでそんな小ちゃなボトルを集めるのか理解し難い。
700mlのフルボトルは持て余すから、350mlや200mlのほうが飲み切るのに手頃だ。あるいはいろいろ飲み比べたいからハーフボトルや小瓶にする、というのなら理解できる。わたし自身、それをすすめている。でも50mlだと、シングル2杯に満たないし、わたしの場合、オン・ザ・ロック1杯分である。
どうやらミニチュアのこの可愛らしさがオブジェ的な役割をするらしい。
赤い封蝋の滴り具合も1本1本違う、それぞれに表情があるから楽しいのだ、という。本棚や仕事机の上にちょこんと飾ったり、リビングの飾り棚に3ボトルくらい並べて飾っているらしい。愛着が湧く、とも言った。そして味わうのは700mlボトルなのだ。
ファンのなかには、いろんな楽しみ方をする人がいるんだな、と勉強させられた。興味がある方は、200mlや50mlにも目を向けてみてはいかがだろう。
 

関連記事

メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証
マージーの愛/もうひとつのメーカーズマーク物語1
マージーの愛/もうひとつのメーカーズマーク物語2
父の日の酒/山崎・白州・知多・ROKU小瓶飲み比べ
父の日ウイスキー/スコッチ&バーボン飲み比べセット
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。