Apple Watchにお手頃価格モデルを含む2機種が登場

アップルから新しい「Apple Watch」2機種が発売になりました。Apple WatchはiPhoneと連携して使うスマートウォッチで、好みのデザインのウォッチフェイス(時計)を表示できるのはもちろん、iPhoneの着信や受信を知らせてくれたり、音楽を再生したり、さまざまなセンサーで運動や睡眠などのデータを計測し、健康維持に役立てられます。またSuicaやPASMOといったIC乗車券を登録すれば、改札にかざして電車に乗ったり、買い物をすることもできます。

この秋登場した「Apple Watch Series 6」は、その名の通りシリーズ6代目となる最新モデルで、血液中の酸素量を調べられる「血中酸素ウェルネス」という機能が新たに追加されています。また急速充電にも対応し、従来よりも短時間で充電ができるので、入浴中などのちょっとしたスキマ時間に充電すれば、睡眠時も含めて1日中着けっぱなしにできるようになりました。
発売日9月18日のApple Watch Series 6

9月18日に発売開始した「Apple Watch Series 6」
 

「Apple Watch Series 6」とともに、今回ラインナップに加わったのが「Apple Watch SE」です。見た目は「Apple Watch Series 6」とほぼ同じで、40mmと44mmの2つのサイズが選べることや、単体で電話が受発信できるGPS + CellularモデルとGPSモデルの2種類があることも同じ。

一方で違いは「血中酸素ウェルネス」の有無をはじめ、ディスプレイ(時計)の常時表示ができるかや、チップセットの処理速度、充電にかかる時間、選べる素材や色の種類など。冒頭に紹介したような、スマートウォッチとしての基本的な機能は大きく変わりません。にもかかわらず「Apple Watch Series 6」が4万2800円(税別)~なのに対して、「Apple Watch SE」は2万9800円(税別)とよりお手頃な価格設定となっていて、コストパフォーマンスの高い、お買い得モデルといえるでしょう。
 
「Apple Watch Series 6」と変わらない見た目で、お値段手頃な「Apple Watch SE」

「Apple Watch Series 6」と変わらない見た目で、お値段手頃な「Apple Watch SE」

 

子どもやシニアに見守りにも活用できる「ファミリー共有設定」

「Apple Watch SE」の発売と同時に、「ファミリー共有設定」という新しい仕組みも導入されました。冒頭にも紹介したように、Apple WatchはiPhoneとの連携が必須のスマートウォッチですが、この新しい仕組みを活用すれば、iPhoneを持っていない人もApple Watchが使えるようになります。具体的には、家族のApple Watchを自分のiPhoneでセットアップして、独立して使えるようにするもので、利用するには事前にキャリアと契約して、Apple Watchに電話番号を持たせる必要があります。
キッズケータイのような使い方が期待できる「Apple Watch SE」

キッズケータイのような使い方が期待できる「Apple Watch SE」
 

2020年10月時点でこのApple Watch向けの通信サービス「ウォッチナンバー」を提供しているのは、国内ではauだけ。通信料金は月額3150円(税別)~で、さまざまな割引が適用されれば月額1980円(税別)~。さらにiPhoneとApple Watchで同じ電話番号を使い分ける「ナンバーシェア」から移行する場合は、キャンペーンが適用されて12ヵ月間は月額350円(税別)~利用できます。

「ウォッチナンバー」を契約してApple Watchで独自の電話番号が使えるようになれば、Apple Watchだけで電話を受発信したり、通信したりすることが可能に。つまり、子どもに「ファミリー共有設定」でセットアップしたApple Watchを持たせれば、キッズケータイのように使うこともできるということです。電話の受発信のほか、音声入力や定型文などを使って、LINEなどのメッセンジャーを送受信したり、GPS機能を使って位置を確認することも可能。学校の授業中は使わせないようにするなどの、制限をかけることもできます。
GPS機能を使ってApple Watchを持った子どもの位置を確認できます

GPS機能を使ってApple Watchを持った子どもの位置を確認できます

なお「Apple Watch Series 4」以降の機種には、センサーで転倒を検知して自動通報する機能も備わっているので、子どもだけではなくシニアの見守りにも活用できます。ただし、「ファミリー共有設定」でセットアップしたApple Watchでは、SuicaやPASMOなどのIC乗車券、電子決済は使えません。

「ファミリー共有設定」でのセットアップは簡単で、iPhoneでApple Watchをセットアップする際に、「ファミリーメンバー用に設定」を選ぶだけ(iOS 8以降のiPhoneで対応)。ただし事前に家族用のApple IDを作成しておく必要があります。13歳未満の子供は自分でApple IDを作成できない決まりなので、親がiPhoneの「設定」>「[ユーザ名]」>「ファミリー共有」(※初めての人は「ファミリー共有を設定」)>「ファミリーメンバーを追加」>「お子様用アカウントを作成」から手順に従って、作成します。ちなみに子供用のApple IDでは、親の承認なしにアプリのインストールや購入ができない仕組みになっているので安心です。
 
「ファミリー共有設定」の設定画面。手順に従って進めていくだけで簡単です。

「ファミリー共有設定」の設定画面。手順に従って進めていくだけで簡単です
 


なお店頭では現在、「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」のほか、より安価な旧モデルとして「Apple Watch Series 3」も購入できますが、「ファミリー共有設定」に対応するのは、OSをwatchOS 7 以降にアップデート済みの「Apple Watch Series 4」以降のGPS + Cellularモデルとなっていますので、注意が必要です。
 
素材はアルミニウムで色は3色。アップルストアでは様々なバンドと組み合わせられます。

素材はアルミニウムで色は3色。アップルストアではさまざまなバンドと組み合わせられます
 

「血中酸素ウェルネス」などの最新機能を活用したい人には「Apple Watch Series 6」をおすすめしますが、心拍センサーや転倒検知なども含めて一通りの機能が使えて、なおかつお手頃価格の「Apple Watch SE」は子供用にはもちろん、自分用にも満足のいくスマートウォッチです。「Apple Watch Series 6」に比べると選べる素材やカラーのバリエーションは少ないですが、アップルストアではさまざまなバンドと組み合わせて購入できるので、そちらで個性をアピールすることが可能。ぜひチェックしてみてください。


投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。