三井ホームのレジリエンス

三井ホーム

 

ずっと過ごす住まいだからこそ不測の事態が発生することも。ただの「安心」にとどまらず、いつも変わらない暮らしをおくるだけの「安心」のためには「レジリエンス」意識が必要です。
※レジリエンスとは 心理学用語で耐久力・復元力を意味。住宅においては災害に対する耐性・回復の力を指し、近年の住宅において重要性を増している要素です。

三井ホームの家には以下の3つの強みがあります。

■災害時の安心 耐震性能
三井ホームでは、実際に起きた地震よりさらに過酷な耐震実験を実施し、これまでの常識を越える強い揺れにも耐えられるかを検証しています。

■災害後の安心 防災・備蓄設備
災害時には、ライフラインを含めた普段の生活が脅かされます。ただ安全なだけに留まらず、普段と変わらない快適な暮らしを継続するために三井ホームが用意する設備を紹介します。

■生活復旧の安心 オーナーサポート体制
普段と変わらない生活を、1日でも早く取り戻す。オーナーひとりひとりに適切な災害後対応が必要です。
 

災害時の安心

耐震性能を支えるプレミアム・モノコック構法
三井ホーム

 

「プレミアム・モノコック構法」は、床・壁・屋根の6面体を1単位として空間をつくる「枠組壁工法」に、三井ホームオリジナルの「屋根」、「外壁」、「床」、「基礎」を加えた最新構法。
長年の研究から生まれたテクノロジーを集約した、三井ホームならではのモノコック構法です。

>>プレミアム・モノコック構法をさらに詳しく
 

災害後の安心

防災・備蓄設備

■備蓄庫
三井ホーム
災害時は食料の調達が困難になることもあります。三井ホームでは容積率も考慮し、不測の事態にも備えた空間活用の提案が可能です。

■自家発電
三井ホーム

 

災害時、直接的な損傷とあわせて、ダメージが大きいライフライン。災害後の復旧に時間を要するケースも多く存在します。

太陽光パネル、蓄電池を活用したZEH(ゼロエネルギーハウス)導入によりライフラインの備えになります。

■逆流防止弁付公共マス
三井ホーム

 

ゲリラ豪雨や集中豪雨の際、本管からの逆流により室内側から水害が発生する場合がございます。逆流防止弁付公共マスを設置することで、本管からの圧力による逆流や臭気を防止し、見落としがちな室内からの水害対策として効果を発揮します。

■2階リビング
三井ホーム

 

近年の自然災害では、水害による浸水など低層から被害が拡大するケースも。状況により自宅の上階に安全を確保する垂直避難の必要性も高まっています。

三井ホームが提案する2階リビングもレジリエンスを考えた空間活用のひとつ。メインの居住空間が2階にあるだけで水害への耐性が高くなります。

■ロフト収納
三井ホーム
小屋裏を活用した収納は、非常食などの保管に最適。三井ホームなら屋根で断熱するダブルシールドパネルにより、熱に弱いものも保管することができます。

ダブルシールドパネルを詳しく>>
 

生活復旧の安心

オーナーサポート体制

■災害時の安心を支えるオーナーズデスク
三井ホーム

 

三井ホームを建てたお客様ひとりひとりに適切な対応を。
オーナーのために、24時間対応の電話窓口を用意しています。

自然災害Q&A>>

■経験豊富なスタッフによる三井ホームの修理・補修
 
三井ホーム

 

新居を手掛けた三井ホームだからこそ提案できる最適な修理・補修。オーナーの被害状況に応じた適切な施工ができるのも三井ホームならではです。

修理・補修のご相談・お問い合わせ(オーナー様)>>

※三井ホーム「家族の暮らしを守る住まいの防災<レジリエンス>」の情報を元に編集しました。

【関連サイト】
楽しめる!モデルハウスに行ってみよう
無料カタログ請求
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。