「あれ、なんか変わった? いい感じだね」

同僚に印象が変化したことを指摘される女性。髪を切ってはいないしメイクを変えてもいないけれど、そのように声をかけられる訳は、意外なところにありました。

「……あ、コンタクトレンズなら変えたけど」

カラコンにした訳でもなく、普通のコンタクトの種類を変えたのだといいます。一見すると少し不思議に感じられるストーリーですが、一体どういうことなのでしょうか?

コンタクトレンズは、目に合うものを選ぶのが大事

 
ace


エースコンタクトによると、実はこちらのWeb CMの女性には、今まで使用していたレンズが目に合っていなかったという背景があるのだそう。目に合わないレンズを使っていたために、表情が曇っていたり、目に手を当てるような仕草をしてしまっていたのでした。

しかし、自分にあったコンタクトを見つけられたことで、そうした不満は解消。新しいコンタクトレンズで快適に過ごす様子は、同僚の目にも新鮮に映ったという物語があったのです。
 

自分に合ったコンタクトレンズを探すなら「エースコンタクト」

自分に合ったコンタクトレンズを選ぶことの大切さが分かるこのストーリーを締めくくるのは、

あなたに合ったコンタクトレンズを見つけよう

という、エースコンタクトからのメッセージです。
エースコンタクトは、社内研修、社内ライセンス制度を導入しています。そのため、豊富な知識で自分に合ったコンタクトレンズを提案してくれるのが魅力。高い水準の接客でコンタクトレンズ選びをサポートしてくれます。
 

知っておきたいコンタクトQ&A

自分に合ったコンタクトレンズを見つけたいと考える方に。知っておきたいコンタクトの基礎知識を、Q&A方式でお伝えします。
コンタクトは、正しい取り扱い方法を守り、眼科医の指示に従って使いましょう。
 
Q:コンタクトレンズをつけて、眼に負担はありませんか?
A:眼科医の指示通り、正しい取扱いと装用時間を守っていれば、コンタクトレンズが原因で眼にキズがついたり、眼の病気になったりすることはまずありません。しかし決められた定期検査はきちんと受け、コンタクトレンズと眼のチェックを忘れないようにしましょう。
 
Q:コンタクトレンズについて、眼にキズがつかないのですか?
A:正しい取扱方法と装用時間を守れば、治療を必要とするようなキズが眼につくことはまずありません。ただし、不適切な使用方法の場合、重篤な眼障害を引き起こす可能性があります。取扱説明書をよく読み、医師の指示に従って使いましょう。
 
Q:眼に入れて痛くないのですか?
A:ソフトコンタクトレンズは水分をたっぷり含んだ柔らかいレンズ。着け心地には個人差がありますが、「つけ心地がよく快適」との声が多いです。 ハードレンズは、ソフトレンズと異なり硬いレンズのため、最初は異物感を感じる場合も。個人差はありますが、1~2週間程度で慣れてくる方が多いようです。
 
Q:眼の裏側に入ってとれなくなることはないのですか?
A:まぶたの奥は袋状になっていますので、眼の裏側に入ってとれなくなることはありません。レンズがずれてとれにくい場合は、あわてずに取扱い説明書に従って戻すか、無理にとろうとせず医師に相談しましょう。
 
Q:乱視があると言われました。どのような眼の状態なのですか?乱視があっても、コンタクトレンズは使用できるのですか?
A:角膜や水晶体が球面ではなく歪んでいることが原因で、物がぼやけて見えたり、二重に見えたりすることがあります。このような状態を乱視といいます。特に乱視だからといって、コンタクトレンズが使用できないことはありません。ただし、乱視にも種類があり、どの程度の視力が得られるかは実際に着けてみないとわかりません。眼科の医師やスタッフにご相談下さい。
 
Q:アレルギー体質やドライアイでもコンタクトは使えるのですか?
A:アレルギーやドライアイの要因は様々であり、レンズとの関連性は一概にはいえません。コンタクトレンズを使用する前に医師にコンタクトレンズを着けることができる状態かどうかを相談し、使用可能な場合指示にしたがって使用しましょう。

▽参考サイト
コンタクトレンズQ&A 基礎知識について
 

エースコンタクト初利用なら30%OFFキャンペーンを実施中!

 
5

 


自分にあったコンタクトレンズを探したい……
そんな方は、エースコンタクトの使い捨てコンタクトレンズ30%OFFキャンペーンを是非チェックしてみてください!エースコンタクトのご利用が初めての方が対象のキャンペーンです。

事前web登録で、当日待ち時間なく案内してもらえます
 
※コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の処方によりお求めください。
 



提供:ダブリュ・アイ・システム
 


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「介護サービスを拒否する親を説得した」「介護退職して良かった/失敗した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。

副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項