ROKUを食中酒としてハーフロックで味わってみよう

 
ハーフロック

ハーフロック

プレミアムなスピリッツを自宅でじっくりと味わっていただきたい。今回は、何かとミックスする、つまりソーダ水やライムといった副材料と合わせるのではなく、極めてシンプルに楽しもうというもの。とくにハードリカーを愛する人たちに食中酒としておすすめしたい。
取り上げるのは「ジャパニーズクラフトジンROKU」(700ml・47%・¥4,000税別希望小売価格/以下同)、「シップスミスV.J.O.P.」(700ml・57%・¥4,735)、「ジャパニーズクラフトウオツカHAKU」(700ml・40%・¥3,000)の3ブランドである。それぞれのブランドの香味特性の詳細は、本文下記の関連記事をご一読いただきたい。
このうちのいずれかを購入されたら、最初のひと口ふた口はストレートでゆったりと啜っていただきたい。次にオン・ザ・ロックでじっくりと味わってみるといい。食事とともに楽しめるスピリッツであることが理解いただけるであろう。
高いアルコール度数にしっかりと凝縮、ロックされて(鍵をかけられた状態)いた香味が、氷がゆるんでいく時間経過とともに花開くかのようにさまざまな表情をみせる。高品質スピリッツならではの素材感とフレーバー・パッケージ(香りの花束)、贅沢ともいえる豊かな味わいを堪能できるはずだ。
 
クラフトジンROKU

クラフトジンROKU

まず「ROKU」は47%もの高いアルコール度数ながら強い刺激を感じさせない。ジュニパーベリーを基調とするトラディショナルなドライジンに八重桜、大島桜の葉、煎茶、玉露、山椒の実、柚子の皮という6種の和のボタニカルの香味が調和している。それがオン・ザ・ロックによってゆるゆると溶け出し、爽快感としなやかさ、桜や玉露の優しい甘みを感じ取れる。
もちろんソーダ水で割って、爽やかな味わいを楽しむのもいい。でも食中酒としてはもうひとつハーフロックをおすすめしたい。「ROKU」と天然水の1対1のロックスタイル。料理を選ばない柔らかい口当たりとなる。そして最後のひと口まで、豊かな品質感を満喫できる。
まだ「ROKU」を飲んだことがないという方には、200mlの小瓶(¥1,200)もあるので、まずはそちらを購入されてはいかがだろうか。
 

高品質スピリッツはロック、水割りでも美味しい

 
シップスミスV.J.O.P.

シップスミスV.J.O.P.

正統派ドライジンの香味で魅了するのが古典的ともいえるレシピにこだわってつくられた「シップスミス ロンドンドライジン」(700ml・41%・¥4,200)。このスタンダードの約3倍ものジュニパーベリーを使用しているのが「シップスミスV.J.O.P.」である。
アルコール度数は「ROKU」も47%と高いが、「V.J.O.P.」はなんと57%という数値。ストレートで味わえば、ダークチョコレートのようなニュアンスにジュニパーベリーの香味が鋭く切れ込んでいる。独特の辛味がある。
エクストラドライなエッジの効いた仕上がりはドライマティーニで楽しみたいが、自宅で飲むならばハーフロックがやはりおすすめだ。こちらも氷や水で薄まったとしても、最後の一滴まで辛口のしっかりとした香味を満喫できる。
 
 

  

そして最後はウオツカの「HAKU」。精白した国産米を100%使用し、麹という日本の酒づくりの製法を取り入れた極めて革新的なウオツカといえよう。
ウオツカならではのクリーンで冴えた感覚はもちろんのこと、米由来の吟醸香のような華やかさ、まるい甘みがある。これをロックやハーフロックで味わうと、独特のしなやかなコクとフルーティーさを堪能できる。
アルコール度数は40%と「ROKU」「シップスミス」よりも低いが、スムースで柔らかい感覚は、氷をいれてじっくりと味わう食中酒として最高といえるだろう。
水割りも美味しい。プレミアムジンの「ROKU」「HAKU」も食中酒として水割りで味わってもいい。高品質なスピリッツはロックや水割りにしても嫌な雑味が登場してこない。ソーダ水で割ってすっきりとした爽快感に満たされるのもいい。でも、いいウイスキーをじっくりと慈しみながら味わうように、ジン、ウオツカの佳品もそれぞれが抱いた麗しい香味をしっかりと堪能していただきたい。
 

関連記事

日本の四季香るクラフトジンROKU/おいしい飲み方
「シップスミス」ロンドンクラフトジン先駆者の思想
クラフトウオツカHAKU(白)/国産米ウオツカ誕生
この夏の晩酌は、翠(SUI)ジンソーダがふさわしい
サントリージャパニーズジン翠(SUI)/味わい評価
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。