3ページ

「閉鎖領域」を意識して主線画を描く

今回の絵は、「塗りつぶし」で着色することを目的としていますので、基本的に主線は、パーツごとに色が流れ出ない「閉鎖領域」になるようにします。
ツールボックスの「四角形」「多角形」「楕円」「角丸四角形」などのツールも使い、細かい部分などは、「ブラシ」で補いながら、おおまかな主線画を描き上げます。
「編集」メニューの「すべて選択」した後に「コピー」を実行して、キャンバスの絵を「クリップボード」にコピーしておきおきます。

次のページでは、「背景色を透明」にして貼り付ける裏ワザ?と、主線画の仕上げです。