連絡先として利用したい反面、あまり公にしたくない携帯電話番号。でも、昼夜を問わず、勧誘や仕事の電話がかかってきてはイヤですよね? NTTドコモなら、月額数百円で“使い捨て”電話番号がもらえるサービスがあります。仕事に、恋に、遊びに、怪しい用途(?)にも応用できそうです!

ドコモの隠し球がFOMAにも登場!

端末によっては、付加番号での着信表示を任意のものに変更できる。

余り知られていませんが、NTTドコモには、電話番号を追加できるサービスがあります。movaの場合は、ガイド記事『月300円で別の携帯番号を持とう』でもご紹介したとおり、以前から「ナンバープラス」というサービスがあったのですが、つい最近までFOMAには同様のサービスがありませんでした。

やっとFOMAにも「マルチナンバー」というサービスが登場し、電話番号を追加できるようになりました! しかも、FOMAならではの追加番号での発信や、番号毎に請求書を分けたりとパワーアップ。応用範囲も広がりました。

1台で3つの電話番号が使える!

FOMAの「マルチナンバー」は、今使っている電話番号(契約番号)の他に、2つまで新しい電話番号(付加番号)を追加できるサービスです。

例えば、現在090-1111-1111という番号のドコモの携帯電話を使っているとします。マルチナンバーに申し込むと、090-1111-2222など別の番号をもらえるサービスです。最大2つまで追加できるので、契約番号を含めて3つの電話番号を1台の携帯電話で利用できるわけです。

付加番号1つ月525円

気になる利用料ですが、付加番号1つにつき月額525円です。付加番号を2つ利用する場合は月1,050円です。

オプションサービスとしてはちょっと高めですが、それでも別の携帯電話を契約して基本料金を払うことを考えれば十分安いとも言えます。