パケット定額制の敷居をグンと低くしたダブル定額。auのヒット商品ですが、その後に最低定額料が安くなったダブル定額ライトを開始。「とりあえずダブル定額ライトで」と契約したあなた。実は損をしているかもしれませんよ!

ダブル定額って何?

ダブル定額(ライト)とは、パケット代が、毎月1,000円~4,200円または2,000円~4,200円になるという割引サービス。余り使わないときには1,000円(2,000円)~、めちゃめちゃ使っても4,200円になり、最低の1,000円(2,000円)~上限の4,200円までは従量制という仕組みです。

パケット通信をどんなに使っても4,200円以上は請求されないというのは安心です。

NTTドコモのパケット定額制「パケ・ホーダイ」の場合は全くパケット通信をしなくても毎月3,900円請求されるのに対し、auのダブル定額(ライト)は1,000円(2,000円)しか請求されないため、確実にパケット料金が4,200円を超すヘビーユーザーだけでなく、パケットは使うけれど4,200円も使うかわからないという多くのユーザーも気軽に契約できるようになりました。

au「ダブル定額」
パケット料金を2,000円~4,200円の間に収められる。

ダブル定額ライトはくせ者

ダブル定額の定額料が2,000円~4,200円なのに対し、ダブル定額ライトの定額料は1,000円~4,200円。上限額が一緒だし、最初はどれくらいパケットを使うかわからないからという理由で“とりあえず”ダブル定額ライトにしている人も多いと思います。

au「ダブル定額ライト」
パケット料金を1,000円~4,200円の間に収められる。

実際に定額料が2,000円未満の人は、確かにダブル定額ライトの方がお得なのですが、2,000円を超えるユーザーにとってはダブル定額ライトは損なのです!