着信メロディーのダウンロード、写真付きメールの送受信、サイト閲覧など、知らず知らずのうちに使っているパケット通信。どれだけ使っているか予測がつかないだけに高額請求がきたという話も尽きません。ガイドがパケット定額制のお得な使い方をご紹介します!

機種変更時は要注意

「機種変更をした翌月、高額のパケット料金が請求されビックリした!」
そんな話をよく耳にします。ケータイでできることがどんどん増え、そのほとんどがパケット通信を利用しているため、知らず知らずのうちにパケット料金がかさんでしまうのです。

子供に買い与えるときも要注意

子供に携帯電話を買い与えたときは特に注意が必要かもしれません。何も手段を講じずにパケットを利用されると、それこそ高額請求になりかねません。お隣の韓国では、今年の初めに、中学生が携帯電話でのサイト閲覧等に夢中になり40万円を超えるパケット料金を請求され、それを苦に自殺してしまったという傷ましい事件が起こりました。韓国でもパケット料金の割引サービスなどが存在したのですが、何の手段も講じず無制限に利用してしまったわけです。日本でも同様のことが起こる可能性は十分にあります。

自分が使ったにしろ、家族が使ったにしろ、高額請求は何としても避けたいところです。かといって、4,000円前後のパケット定額制にいきなり加入するのも結果的に損をするかもしれないため、敷居が高いかもしれません。

そんなときに有効な割引サービスがあります。それがauの「ダブル定額ライト」「ダブル定額」、ボーダフォンの「デュアルパケット定額」というパケット定額制です。

携帯電話各社 パケット定額制一覧

 ※料金は税別 ※2006年4月28日現在