子供が喜ぶ!朝ごはんがすすむ!フリフリおにぎらず

所要時間:5分

カテゴリー:ご飯おにぎり

 

しゃかしゃかフリフリするだけの簡単おにぎらず

子どもの頃は、こんなことをすると「食べ物で遊んじゃいけない」と大人たちに怒られたかもしれませんね。でも、改めて考えてみると、意外といい方法です。何より楽しいです。楽しく作って美味しく食べた記憶は、大人になってもずっと残るはずです。

ということで、ご飯茶碗にご飯を入れて、みそ汁のお椀を重ねて、しゃかしゃかフリフリして作る、おにぎらずを提案します。朝の忙しい時間に、子どもたちが自分で楽しく作って食べてくれたなら、お母さんもお父さんも嬉しいし、きっと助かることでしょう。
 

フリフリおにぎらずの材料(2人分

主材料
ご飯 2人分
焼いた塩じゃけ 適量
たらこ 適量
ソーセージ 適量
煎り卵 適量
納豆 適量
海苔 適量
ふりかけ 適量
お好みで
具材は何でもかまいません。弁当に詰めたおかずの残り、佃煮、ふりかけなど、好きなもの2~3種用意しましょう。

フリフリおにぎらずの作り方・手順

フリフリおにぎらずを作る

1:ご飯と具と茶碗を用意する

ご飯と具と茶碗を用意する
ご飯、ご飯茶碗、お汁椀、塩、海苔、ふりかけ、具(納豆を醤油で味つけしたもの、ソーセージを炒めたもの、たらこ、焼いた塩鮭をほぐしたもの、煎り卵、コロッケを一口大に切ってソースをかけたもの)を用意する。

2:ご飯茶碗にご飯をよそう

ご飯茶碗にご飯をよそう
ご飯茶碗にご飯をよそう。

3:お汁椀を重ねてフリフリ

お汁椀を重ねてフリフリ
お汁椀をかぶせ、両手でしっかり持ってふる。

4:上下にふれば細長に

上下にふれば細長に
上下にフリフリすれば細長く。

5:ぐるぐる回してふれば丸くなる

ぐるぐる回してふれば丸くなる
ぐるぐる回してフリフリすれば丸くなる。

6:お好みの具をのせたり、ふりかけをかければできあがり

お好みの具をのせたり、ふりかけをかければできあがり
お好みに具をのせたり、ふりかけをかけたりする。

7:海苔を巻けば手づかみで食べられる

海苔を巻けば手づかみで食べられる
海苔を巻けば、手づかみで食べられる。

8:そのままラップで包んでお弁当用

そのままラップで包んでお弁当用
ラップで包めばお弁当用おにぎらず。

9:楽しく食べる、フリフリおにぎらず

楽しく食べる、フリフリおにぎらず
いろいろ楽しめる、フリフリおにぎらず。

ガイドのワンポイントアドバイス

ご飯に具をのせて振るとまとまりにくいので、白ご飯だけをフリフリして丸めてから具をのせた方が、綺麗にできます。お茶碗は、陶器同士だと割れたり欠けたりする恐れがあるので避けてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。