レッド90周年、オールド70周年、ローヤル60周年

サントリーオールド

サントリーオールド


2019年は前回記事で語ったように5大ウイスキーをブレンドした「ワールドウイスキー碧Ao」の誕生という大きな話題があった。もうすぐ2020年。来年はどんな年になるのだろうか。

今回はわたしが飲みつづけて欲しいな、と願っているウイスキーをいくつかご紹介する。まだ飲んだことがない、最近ご無沙汰で飲んでいない、というウイスキーがあったならば是非お試しいただきたい。

1980年代、わたしがまだヤングだった頃までのスター的存在だった「サントリーオールド」(700ml・43%・¥1,880税別希望小売価格/以下同)は2020年に発売70周年、また「オールド」の上をいくプレミアムウイスキー的存在だった「サントリーローヤル」(700ml・43%・¥3,360)は発売60周年を迎える。
サントリーローヤル

サントリーローヤル



2製品ともいまでは語られることは少なくなったが、上質な味わいは健在である。年配者の方はあらためて味わいを堪能しながら、日本のウイスキーが大きく伸張していった時代を想い起こしていただきたい。ヤングたちにはこれを機に、かつて豊かなウイスキーシーンを創出したブランドの味わいを知っていただきたい。温故知新。新たな発見があるかもしれないし、若い世代がこういったブランドをいま飲むことは、案外、格好いいような気がする。
 

 
サントリーレッド

サントリーレッド


もうひとつ、家庭用の晩酌ウイスキーとしていまなお根強い人気を誇っている「サントリーウイスキーレッド」(640ml・39%・¥884)は、前身の国産ウイスキー第2号「赤札」発売からなんと90周年(リニューアルされ「レッド」となったのは1964年)となる。これはね、発売91年目となる国産第1号「ホワイト」と同様、大衆ウイスキーの鏡(かがみ)ではなかろうか。
 



 

知多、ティーチャーズ、ジムビーム、メーカーズマーク

サントリーウイスキー知多

サントリーウイスキー知多


  さて、「角ハイボール」はすでにナショナルドリンクとして、夜の街にしっかりと定着している。大概の料理と合うから安心、安定の酒である。ソーダ水で割るハイボールスタイルは今後も愛されつづけるであろう。
ハイボールで他におすすめは、やはり“そそる美味しさのキレイなウイスキー”「知多」(700ml・43%・¥3,800)となる。『ウイスキー知多UMAMI評価/そそる美味』の記事をお読みいただきたいのだが、ハイボールでの味わいはダシの旨味にも似た香味特性があり、食中酒として最高のウイスキーのひとつといえよう。

 
ティーチャーズ

ティーチャーズ


スモーキーな味わいを好む人にはスコッチのブレンデッド「ティーチャーズハイランドクリーム」(700ml・40%・¥1,270)がいい。ハイボールのグラスから立ち昇る軽快なタッチの心地よい燻香、味わいには麦芽由来の甘さと、ほのかにフルーティーさも感じられ、食中酒としても楽しめる。




 
メーカーズマーク

メーカーズマーク

バーボンウイスキーならば「ジムビーム」(700ml・40%・¥1,540)がおすすめで、ソーダ水だけでなくお好みのジュースで割ってもいい。気軽に楽しめる大衆的なバーボンである。
同じバーボンでも、なめらかでしなやかな甘みを抱いた「メーカーズマーク」(700ml・45%・¥2,800)はちょっとプレミアム感があって、ロックでじっくり味わいたい。でも軽快なハイボールスタイルも美味しい。
さて、いろいろなブランド名を登場させた。まだ試していないウイスキーがあったなら、是非飲んでみていただきたい。2020年もウイスキーをよろしく。

 

関連記事

ウイスキー知多UMAMI評価/そそる美味・その2
角瓶とともにおすすめの美味しいウイスキー
ティーチャーズ/アードモアが中核の名ブレンデッド
メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証
碧Ao&響BLENDER’S CHOICEの味わい
「響」30周年を2019年歳末に祝う
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。