新しい年も「ワールドウイスキー碧Ao」を飲もう

 
ワールドウイスキー碧Ao

ワールドウイスキー碧Ao

2019年もあとわずかとなった。今年のウイスキーシーンで最も大きなニュースは、「サントリーワールドウイスキー碧Ao」(700ml・43%・¥5,000税別希望小売価格)の誕生であろう。発売時の記事で述べているが、ウイスキーの歴史上初、自社保有の5大ウイスキーをブレンドした画期的な作品だ。この年末年始の酒宴には、是非にとおすすめしたいウイスキーの代表格である。
サントリーは日本はもちろんのこと、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアンという5大ウイスキーの産地すべてに蒸溜所を保有している。そのなかから原酒を選りすぐってブレンドしたものが「碧Ao」である。
ブレンドされている原酒それぞれの特長や香味特性の詳細は『碧Aoサントリーワールドウイスキー新発売』の記事を参照いただきたいのだが、とりあえず構成原酒を生んでいる蒸溜所を簡単に紹介しておく。
スコッチはアードモア蒸溜所、グレンギリー蒸溜所のモルトウイスキー。アイリッシュはクーリー蒸溜所のモルト。アメリカンはバーボンウイスキーのジムビーム蒸溜所。カナディアンはアルバータ蒸溜所のトウモロコシを主原料としたベースウイスキー(グレーンウイスキーの役割)。そして山崎蒸溜所・白州蒸溜所のモルトウイスキーである。
酒質の異なる原酒がこれだけブレンドされていること事態が興味深い。しかも話題性が高いだけでなく、しっかりとした品質感がある。華やかで甘くまろやか、そして心地よいスモーキーさのある香味に仕上がっている。厚みのある味わいのなかから、いろんな香味を探り、楽しみながら味わっていただきたい。
 

是非試していただきたい「響ブレンダーズチョイス」

 
響ブレンダーズチョイス

響ブレンダーズチョイス

そしてもうひとつ。『響30周年を2019年歳末に祝う』の記事で予告した「響ブレンダーズチョイス」(700ml・43%・¥10,000税別希望小売価格/以下響BC)を紹介しよう。昨年2018年9月に料飲店向けに発売されたもので、バーのボトル棚で見つけたら、是非一度試していただきたい。
「響BC」は高い品質感が伝わってくるプレミアムなブレンデッドウイスキーで、まずはストレートでゆったりと味わっていただきたい。日本の最高峰ブレンデッドウイスキー「響」の構成原酒である山崎、白州蒸溜所のさまざまな樽で熟成されたモルトウイスキーと、知多蒸溜所のタイプの異なるグレーンウイスキーがブレンドされているのは当然のことだが、ワイン樽フィニッシュの原酒がキーとなっている点が特徴的だ。
山崎モルトと知多グレーンのワイン樽フィニッシュ原酒の香味が生かされ、濃密な果実感に満ちた甘みとしなやかな酸味を抱いている。いま要チェックのブレンデッドウイスキーであり、絶対に味わっておくべきプレミアムウイスキーである。
Tasting Notes
響BLENDER’S CHOICE
色   赤みがかった琥珀色
香り  野いちご・白桃・パイナップル・クレームブリュレ
味わい アプリコットコンポート・ふくらみのある甘み・心地よい酸味
余韻  甘くやわらかい・ほろ苦さも漂う
 

関連記事

「碧Ao」サントリーワールドウイスキー新発売
「響」30周年を2019年歳末に祝う
ブレンデッドウイスキーの魅力・私感1
「ワールドウイスキー碧Ao」は父の日ウイスキー
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。