住友林業
近年、住友林業が展開する企業広告でキャストを務める、加瀬亮さん、長澤まさみさん。この2人が出演している最新の企業広告「TREEing」、もうご覧になったでしょうか。木の家の良さを伝える基本コンセプトは従来と変わらないものの、これまでと違うスタイルのアプローチも試みており、話題を集めています。TREEingに込めた想いを担当者に聞いてみました。
 

モノではなくコトを重視する20~30代に向けた広告  

お話を聞いたのは、住宅・建築事業本部 営業推進部 営業戦略グループ マネージャー 岡本陽一さん。まずはTREEingの狙いを説明いただきました(以下コメントはすべて岡本さん)。

「当社の住宅の主要な購買層は40代以上の方々です。反面、一次取得者層となる20~30代の方々には、住友林業の家があまり浸透しておらず、課題となっていました。今回のTREEingは、主にそうした20~30代の購買層を意識したものとなっています。

私達の調査では、20~30代が抱く、家や暮らしに対する価値観には『シンプルであること』『質やセンスの良さにこだわること』『自分らしい暮らしを送ること』などの考え方が目立ちました。この結果を受けて、モノよりも暮らしそのものを楽しむ、モノよりもコトを重視することで暮らしを豊かにすることをTREEingのCM広告に反映しています」

TREEingという言葉にはどんな意味があるのでしょうか。

「TREEはご存じのとおり『樹木』という意味。厳密には森林などに生えている、切り倒す前の“立ち木”の状態です。

従来の住友林業の広告では、どちらかというと“木材”のイメージが強く、その意味では『WOOD』を使用することも考えられましたが、当社は広大な社有林を含めた森林経営を展開の上、住宅の資源として活用していくことから、今回は『TREE』を選択しました。

ingは、そのまま素直に現在進行形を意味するingです。TREEingのメインターゲットである20~30代の方々に向けて、『アクティブ』で『活発』なイメージ広告にしたく加えました」
 

6種類の映像に共通する穏やかで心地良い時間

ではここでTREEingのCMをプレイバックして、改めてご紹介しましょう。

柔らかな日差しがふり注ぐ木の家で、加瀬亮さんと長澤まさみさんが思い思いにリラックスしたり、何かに挑戦したりする、6種類の映像が用意されています。
 

例えば「うちにギャラリーをつくろう!」では、加瀬さんお気に入りの壷を棚に並べて、スマホで撮影するという内容。この後、インスタやブログにアップして“自宅ギャラリー”を発信するような雰囲気。「ただ、好きなものと暮らしたい」という加瀬さんのセリフに、20~30代のライフスタイルが垣間見えます。

また「猫の目線になってみよう!」は、床に木材が張られた小上がりの上に寝転び、その横にいる猫と同じ目線の高さになった長澤さんが「素直に、今の自分を楽しみたい」とつぶやきます。見ている側も思わず肩の力が抜けてしまう、くつろぎの時間です。
 

さらに「旬の香りを楽しもう!」では加瀬さんが「もっとシンプルに」のセリフと共にそば打ちに挑戦。「我が家の風物詩をつくろう!」では、長澤さんが「もっとナチュラルに」と話しながら干し柿づくりに取り組みます。いずれも「日本のセンス」漂う木の家に似合う趣味です。
 

ほかにも、リビングの椅子に座って静かに庭を眺める「何もしないを楽しもう!」(加瀬さん)、縁側の近くに敷いたラグの上で横になって食事をとる「リビングでピクニックをしてみよう!」(長澤さん)も。以上6種類の映像にはいずれも、2人が醸し出す穏やかで心地良い時間が流れています。
 

「#どのTREEingが好き?」を通じて世界観に触れてほしい

住友林業

 

「加瀬さん、長澤さんには、木をふんだんに使った空間での暮らしをいろいろな方法で楽しむことを表現していただきました。CMに登場する家は、庭も含めてすべてがセット。元々注文住宅でお客様のご要望を叶える仕事をしていた当社のデザインチームも参画して、あの空間をつくりあげています。住宅展示場とはまた違った、シンプルでナチュラルさを追求した住空間にもご注目いただければと思います」

今後、TREEingのウェブサイトでは、木を使ったプロダクトに関係する各界の著名人が「木のある暮らしの良さ」「木ならではの持続可能性」「木だからこそ味わえるの親しみやすさ」を語るインタビューなども予定しているとのこと。

「この記事を読んでいる皆様にも共感いただければうれしいです」と岡本さん。シンプルに、ナチュラルに、自分らしく、木の家で楽しく暮らしてほしいという住友林業の新提案・TREEing。以下のサイトをチェックしていただき、独特の世界観に触れてみてください。

<関連リンク>
住友林業TREEingサイト

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。