冬コーデに迷ったらコレ! 40代女性に似合う配色3選

冬コーデに困ったときはこの配色がおすすめです!

冬コーデに困った時はこの配色がおすすめです!

今回はどんな人にも似合う、アラフォー女性がおしゃれ見えする配色を3パターンご紹介していきます。ベーシックなカラーも多く含まれているので、手持ちアイテムで再現してみると新鮮に着られるかも!? ぜひチェックしてみてくださいね。
 

1. 上品かつ優しげに見える「黒×ベージュ」

ベージュのシャギーニットでふんわり女性らしく、他は黒で引き締めて 出典:WEAR

ベージュのシャギーニットでふんわり女性らしく、他は黒で引き締めて 出典:WEAR

「黒&ベージュ」の組み合わせは、上品に見える鉄板カラー。コンサバなイメージもある配色なので、カジュアルなコーデでもどこかきれいめな雰囲気が残るのがメリットです。

冬は何にでも合わせられるベージュのニットを軸に、他のアイテムを黒でまとめると、ニットの質感が引き立つシンプルで大人っぽいコーデに仕上がります。
トップス&ボトムスを黒で統一し、コートでロング&リーンな着こなしに 出典:WEAR

トップス&ボトムスを黒で統一し、コートでロング&リーンな着こなしに 出典:WEAR

また、着ぶくれしがちな冬は、インナーになるトップスとボトムスを黒で揃えて、ロングアウターにベージュを選び、縦長にすらっと見えるロング&リーンな着こなしにまとめるのもおすすめです。

ベージュのトップスだと顔色が悪く見える、という声も聞かれますが、それはベージュのトーンが顔色と合っていないせいかもしれません。ベージュといっても、白に近いようなサンドベージュから、キャメルなど黄色味の強いベージュまで、幅広く揃っています。最近はメランジといって、2色以上の色を使って作られているカラーもあり、より顔色に馴染みやすいのでおすすめです。

また、つるつるとしたとろみ素材やシャツなどのコットン素材よりも、ニットの方が素材に表情があるため、同じベージュでも顔まわりが寂しく見えず、似合うカラーを見つけやすいというメリットも。ベージュに苦手意識のある方は、まずニットからトライしてみてくださいね。
 

2. 「赤×グレー」で女性らしい華やかさを

顔の印象も生き生きと明るく見せる赤ニットはグレーのボトムスと 出典:WEAR

顔の印象も生き生きと明るく見せる赤ニットはグレーのボトムスと 出典:WEAR

女性ならではの華やかさがあり、おしゃれに見える配色といえば「赤×グレー」の組み合わせです。赤、と聞くと派手なイメージが強いですが、もともと人間の顔の中にもある色なので、実は誰にでも似合うカラーなんです。

赤ははっきり発色するTシャツやシャツよりも、ふんわり発色する厚い生地の素材と相性がいいため、冬はまさに取り入れ時。そして合わせる色としてはグレーが一押しです。

黒を合わせると、アラフォー向けのコーデとしてはコントラストがはっきりしすぎて、かなり強い印象になりますが、グレーなら赤を引き立てつつまろやかにまとめてくれます。
スカートやパンツを赤系にしておしゃれ上級者に 出典:WEAR

スカートやパンツを赤系にしておしゃれ上級者に 出典:WEAR

ボトムスを赤系のカラーにすると、ありそうでないような、おしゃれ上級者な雰囲気に。赤のボトムスはロングアウターの裾から見せてもポイントになるので、意外に着回しもきくアイテムです。

赤はオレンジが入ったようなトマトレッドから、パキっとした鮮やかな赤、渋めの赤、などトーンが色々。まず自分に似合う赤を選び、そこにカジュアルに着たいならライトグレーを、シックに着たいならチャコールグレーを合わせると、しっくりまとまるはず。
 

3. 清潔感のある「白×紺」のマリンカラー

カジュアルでもルーズに見えない、清潔感のあるイメージに 出典:WEAR

カジュアルでもルーズに見えない、清潔感のあるイメージに 出典:WEAR

清潔感ナンバーワンの「白×紺」の組み合わせ。マリンカラーとしても幅広い世代から愛されている配色ですよね。白紺のボーダーTシャツなど夏っぽいイメージのある配色ですが、冬コーデにももちろん応用できます。

冬コーデは素材も厚く、ほっこりしがちですが、「白×紺」という清潔感のある配色でまとめることで、すっきり都会的な印象に仕上がるのがメリット。そのため、ワイドパンツやスニーカーなどカジュアルなコーデの時も、ルーズになりすぎずきれいめ感をキープできるという嬉しい効果もあります。
流行り廃りのない「紺ブレ」もアラフォー女性の強い味方 出典:WEAR

流行りすたりのない「紺ブレ」もアラフォー女性の強い味方 出典:WEAR

ベーシックでトラッドなイメージの強い「紺」は、紺ブレやPコート、ダッフルコートなど、冬の定番アイテムにも数多く存在します。その中に着るニットや小物などに白を選ぶと、顔まわりは明るく見えつつ、きちんと感のあるおしゃれさが手に入ります。

ご紹介した3つの配色、冬コーデに悩んだ時にはぜひ参考にしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。